修理・修理!・修理!!2015年09月24日 21時24分

【その1:電気ウキの修理】

そろそろ岬でのカゴ釣りのシーズンですね・・・。

カゴ釣りの準備をしようと思い道具をチェックをしていたら

2本の遠投ウキのLEDランプが点灯しません。

手入れが悪いので錆びたのかなあと思って端子部を覗くと




1本は端子が完全に錆びていましたがもう一本は

錆びていないのにもかかわらずLEDが点きません。

あれ?なぜだろう?おかしいなあ。




このウキの羽の部分だけ売っていたなあと思って

釣具屋に行くと記憶どおり羽の部分だけ売っていました。

値段は税込みで745円。

結構高いなあって思いましたが

ウキ一式ではいくらするんだろうっと思って見てみると

このウキは20%の特売日だったので税込み806円!

なんとウキ一式とウキの羽だけで61円しか

変わらないではありませんか・・・。

もちろん1本一式買ったのは言うまでもありません。^^;

しかし本体2本を捨てるのはなんとも勿体無い話なので

修理にチャレンしてみました。

まずは羽の部分をハサミで短く切ります。




次に金ノコでゴリゴリと羽の途中を切断します。




回りを切って引っ張りだすとLEDが見えてきました。




電圧はかかっているのに点灯しません。

LEDが壊れているようです。




しかしそんなに簡単にLEDが切れるのかなあと

思いながら手持ちの赤色高輝度LEDを接触させると

点灯します。

やはりLED本体が壊れています。(;_;)




古いLEDを切り取っての手持ちのLEDを半田付けします。

当たり前ですが点灯します。(^^♪




竹串を芯の代わりに差し込みます。




2液性のエポキシ接着剤を串の回りに

充填して羽に差し込みます。




羽の軸は三角形になっているので薄いプラスチックを

切ってエポキシで接着して補強します。

これでセンターが出ますね。




一晩置いて乾かした後、蛍光スプレーで塗装して完成です。




マスキングテープをはがすと

綺麗な塗装が見えてきました。




ウキ本体にネジこんで修理完了です。

1本目修理完了。(^^♪




次はリチウム電池のソケット部の端子がサビている

ウキの修理です。

こっちの修理は簡単です。

釣具屋で一番安くて細い電気ウキを買ってきます。

下は税込み335円




羽の部分を短く切って整形した中心にグリグリと

差し込んでエポキシ接着剤でくっつければ完成です。

ネジの部分はウキ本体の差し込み口に

ピッタリと合います。




センターも出ていますので多分遠投ウキとしての

機能としては問題ないと思います。

2本目修理完了。(^^♪




【その2:ヘッドライトバッテリケースの修理】

愛用のセカンドヘッドライトであるZEXUS ZX-310の

電池入れの蓋が落としてもないのに壊れました。

長年使いすぎたのでプラスティック疲労?かな(笑)




買った頃、コンクリートの上に本体を落として簡単に蓋が

割れて交換したことが有ったので

メーカにパーツ扱いでこの蓋の部分が売っているのを

知っていました。

値段は600円です。




しかし本体が結構ボロボロなので

今更蓋だけ新品で買うのもなんだかねえ・・。^^;

という訳で修理にチャレンジしてみました。

ピンバイスを使って折れた爪の部分に2箇所

小さい穴を開けます。




本体の方にも穴を開けて手持ちの(笑)

細いステンレス線を貫通させます。




通したステンレス線をコの字型に曲げて切って

折れた爪と本体を固定します。




この後エポキシ接着剤を塗って一晩置きます。




いい感じでくっついているようです。




電池を入れて蓋をしてみます。




ステンレス線で補強してエポキシで接着しているので

爪の部分の強度は大丈夫みたいです。

いつまで持つか判りませんが

とりあえず延命処置完了!。(^^♪




【その3:ドライビングレコーダの修理】

これは職場の同僚から頼まれました。

修理といってもリポバッテリの交換(半田付け)だけですが。^^;

ディーラー純正のドライビングレコーダのバッテリが

寿命になったのでメモリの保存がきかずに

エンジンを切ると日付がクリアされるそうです。

ディーラーでバッテリ交換すると

約7000円かかるそうです。

この値段だと新品のドライブレコーダが買えますね。(´・ω・`)

左が純正、右がAmazonで買ったという

リポバッテリの代替品。




日本円で683円。

やっす!

ただし中国からの郵便なんで納期はめちゃくちゃ

かかるそうです。




古いバッテリはほとんど電圧がありませんでしたが

新品はさすがに3.8V以上バッチリあります。




バッテリを半田付けしてバッテリ本体を両面テープで

本体蓋に固定して修理完了。




電源ONでばっちりカメラ映りました。

ヽ(´ー`)ノ




修理・修理!・修理!!

物ってホントによく壊れるなあ・・。

でもね、修理するより新品を買うほうが

はるかに安いこともあるなんて・・・。

なんか間違ってるような気がする・・。(;_;)

by.izuyan