2016渓流解禁2016年02月06日 14時40分

愛媛県では渓流解禁日は2月1日

他県では3月1日解禁のところが多いです。

解禁日の2月1日は月曜日だったので

当然出撃は無理です。^^;

一週間遅れでワクワクしながら

近くの渓流に様子見に行ってきました。

前の日は早く寝たので朝3時頃起きて出発。




事前に調査したところ道路自体に雪はなさそうです。

自分が良く行く渓流は自宅から1時間ぐらいと近いのですが

1000mクラスの高い峠を超えます。

凍結に注意しながら標高を稼いで行きます。

この道は主要道路なので除雪をしっかりと行っており

安心です。




まもなく標高1000mの峠です。

道路に雪はありませんが道路の横には残雪があります。




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

標高1000mに到達したので車を止めて記念にパチリ!




氷は持ってこなくても大丈夫です。(^^♪




まだ真っ暗なので車の中で仕掛けを作ったり

仮眠しながら明るくなって夜が明けるのを待ちます。




寒いところでイワタニのバーナーは機能するのかな?

わざとボンベを寒くして缶コーヒを直火焚きで・・・。

(破裂する危険があるので絶対真似しないでね)




結果は大丈夫です。

お湯を沸かすぐらいならしっかりと使えます。

さて明るくなってきたので道の横の渓流に降りてみます。




まだ薄暗いですが釣れるといいな・・。

今年一年の釣りの安全を心の中で祈ります。




ちちゃいアマゴが釣れました。

今年もよろしくね。

もちろんお持ち帰りサイズでないので

優しくリリース。




雪の林道を歩いてみます。

山に向かって深い足跡があり雪が柔らかい頃に

歩いていた釣人がいたようです。

足跡があるので途中で沢に降りた

形跡もハッキリとわかります。

雪は古くもうすでに固くなっていてもう踏んでもあまり

足跡はつかないです。




林道の橋桁にカメラを置いて記念撮影。




本格的?な装備(GORE-TEX)です。(^^♪




寒いので活性が悪いのアタリはあまりありませんが

ボチボチ釣れます。




渓流の水は透明で澄んでいてとてもきれいですが

手をつけてみるとメチャクチャ寒いです。

夏は涼しくて最高なんですが冬のこの時期は

絶対長靴の中に水が入るのは避けなければ

なりません。







氷柱も久しぶりに見ました。

子供の頃はよく見たんだけどなあ・・。




場所を移動して支流の川を攻めてみます。




ここも小さいなあ・・・。

また来るから大きく育ってね・・。




山の天気は変わりやすとよく言ったもので

急に曇って雪が降ってきました。




雪が舞い落ちる幻想的な風景です。




雪が積もるとやっかいなので早々に

撤収することにしました。



まだ道路には積もってないようなので

ちょっこっとだけ道路横の川で寄り道。









また少し雪が降ってきたので帰ることにしました。

朝は道路に無かった雪が積もってあっという間に銀世界。




げ~!

ここは雪国なのか?

と心で思いながら峠を無事越えました。(*^^*)








というわけで昼頃にはもう自宅に帰っていました。

渓流で食べようと思っていたうどんを自宅のコンロで作って

食べてからふと外を見てみると・・・。




まばゆいばかりの太陽です。

下界はぽかぽかと暖かいメッチャいい天気でした。(^^)




次回の渓流釣りは雪が無くなってから

リベンジしよっと・・。

by.izuyan

コメント

_ yama ― 2016年02月12日 14時44分

凄い雪道ですね!!!

これだと私の車じゃ、行けません・・・

もう少し暖かくなったら、連れて行ってね。

_ izuyan ― 2016年02月14日 09時24分

yamaさんおはようです~。

やはり根性でコメントしてきたのね。^^;

ところでこういう雪道ではやっぱり4駆が安心ですね・・。

チェーンも積んでいたのですが使いませんでした。

夏の渓流も涼しくて最高ですが大自然の雪の中、

獲物を求めて釣り歩くというのもおつなものです。

暖かくなったら試しに行ってみますか?(^^♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2016/02/06/8009819/tb