無線式アタリセンサーの量産化プロジェクト(その5)2017年02月21日 20時24分

量産化プロジェクトの5回目です。

1月25日に受信機用のプリント基板を発注してから

やっと2月17日(金)に物が中国から届きました。(*^^*)

春節やトラブルもあったので発注から受け取るのに

なんと23日もかかってしまいました。^^;




さて受信機のプリント基板は

うまく出来ているでしょうか?

ワクワクしながら開封します。





表面です。

今回は基板の厚みを1.6mmにしたので

ペラペラしてなくて頑丈そうです。




裏面です。




シルクも綺麗に入っています。

後から追加した天使のマークもバッチリ・・・・(笑)




表面側にはシルクでなく銅箔でいれちゃいました。

緑のレジストで隠れていますが銅箔なんですよ・・。




へへへ・・・。

ホントに自己満足だけだな・・。

( ̄ー ̄)ニヤリ

さっそくケースに入れてみました。

CADで設計しているのでバッチリ合いますが

一つ残念なことが・・。




それはプリント基板の4隅に開いている基板固定用の

丸穴のサイズを間違えちゃったんです。

ホントはM3のビスを使うのでΦ3.2が正解だったんですが

間違えてΦ2.5の穴で発注してしまいました。(涙)

仕方ないので開け直しを行いました。




最初に圧電ブザー回路から作っていきます。




圧電ブザー回路を組み立てた時点でブザーが上手く

鳴ることを仮配線して動作確認しておきます。

ところで最初は圧電ブザーの音量調整用VRを

受信機内部の半固定抵抗器で行う予定でしたが

いちいちフタを開けてドライバで調整するのは

面倒なのでケース表面から指つまんで

音量調整出来るように設計を変更しました。




半固定抵抗器の型式を変えてを基板の反対側に

つけました。

しかしここで困ったことがおこりました。

半固定抵抗器を反対側に付けたので動作が逆になりました。

通常は時計方向(CW側)に回すと音は大きくなるのが

一般的ですが逆方向に付けたので音が小さくなります。

パターンを切った貼ったして変更しようかと思いましたが

パターン的に面倒だったのでこのままとしました。

そんなに回すもんでもないしコレでいいでしょ^^;




アタリが有ったときに光るLEDとボリューム用の丸穴を

CADデータをプリントしてケースに貼り付けて

その穴位置を元にポンチで目印を付けていきます。




ボール盤はやはりあると便利です。

まずは赤い3mmLED用の丸穴を開けます。




続いてボリューム(半固定抵抗器)用の5.5Φの

丸穴も開けます。




電池ケース側の基板取り付けようのネジ穴が

干渉してジャマだったのでドリルで削りました。




大きめのドリルでサグリをいれると

綺麗に取れます。




圧電ブザーを両面テープで固定します。




これが組み上がった受信機のプリント基板です。




LEDを挟み込んでちょうどいい位置で半田付けを

行いLEDを固定します。




マッチ棒アンテナを取り付け周辺機器の接続を行い

電池ボックスからのコネクタを差し込んで完成です。

\(^o^)/

わ~い \(^o^)/




前に作った穴あきプリント基板の受信機に比べて

格段にスッキリしました。(*^^*)




後はひたすら量産します。(笑)

慣れてくると製作のコツも解りこちらは

基板のピンのピッチも大きいので送信機にくらべて

製作は楽勝です。




ケースの表面にはお遊びでイカのシールを

付けてみました。

アタリがあるとイカの目の位置にあるLEDが

赤く光る仕組みです。




愛媛ヤエン釣り同好会のシールを表面ケースには

張りました。

シールは簡単に剥がれますので不要な方は

遠慮なく剥がしてください。 ^^;





今年最初からこのプロジェクトを初めて

ここまでやっとたどりつきました・・。





とりあえず当初目標の5セット分完成しました。




次回このプロジェクトの最終回は検証とまとめです。

しかし5台作るのがこんなに疲れるものとは・・。ははは。

深夜残業でノルマ 1日1台 ^^;

by.izuyan