無線式アタリセンサーの量産化プロジェクト(まとめ)2017年03月01日 22時30分


無線式アタリセンサーのまとめ記事です。

送信機(子機)を間欠1秒にして消費電流を見てみました。

1秒間隔で送信状態になるのでその度に

電流が流れるのがわかります。





次に送信機(子機)を間欠10秒にして

消費電流を見てみます。

やはり10秒おきに電流が流れて送信状態になるのが

感覚的にわかります。

電池の持ちを良くするには反応は遅くなりますが

やはり間欠10秒の方がよさそうです。

イカのアタリセンサー用なんで応答速度は

まったく要求されません。^^;






さて次はこのシステムの到達距離の測定実験です。

実はちょっとした罠があり送信したデータ(ON/OFF)は

受信機側で保持されるため送信元(送信機)のON/OFFが

変更しない限り受信機側の状態は変化しません。

送信機のスイッチをONにした状態で受信機を

離して行って通信が途絶えても受信機のブザーは

鳴りっぱなしになるということです。

(送信機OFFの状態が受信機側に届かない)

つまり到達距離を確認するには送信機のスイッチを

ON/OFFし続けて受信機の状態がON/OFFすることを

確認しないといけないということです。

面倒なので送信機のスイッチを自動でON/OFFする

回路をタイマーIC555で作りました。





試験機の完成です。!!

これで到達距離の実験をします。




実験は障害物が無い場所が良いので近くの田んぼで

実験しました。




試験機の電源を入れて送信機を自動でON/OFFさせておき、

LEDとブザー音を受信機でモニターしながら

送信機からどんどん離れていきます。







LEDとブザー音が確実にON/OFFする場所までを

到達距離としました。

グーグルマップには2点間の距離を測定する機能があるので

パソコンの地図上で計測しました。

確実に届く飛距離は約130mでした。

メーカでの最大飛距離は3mの高さで1kmとのことですが

人が手に持った場合は通常100m~200m程度の

通信距離が期待できるとHPに書いてあるので実験の

結果と合致しますね。(^o^)






ところでもともとついていた送信機のリミットスイッチが

固くて感度が悪く糸が張ってもONにならないことがあったので

オムロンの低荷重動作型(軽動作型)の

リミットスイッチと交換しました。

これで糸がでていくと確実にONになるようになりました。










また送信機を2台使う場合ですが

受信機のアタリ表示のLEDランプが電流の回り込みにより

暗くなる不具合が有ったので基板を改造して

受信機側の回路に回り込みを

防ぐスイッチングダイオードを

追加しました。

なお、送信機を2台(以上)使う時は

CHを別なCHにしないと送信機が干渉して

うまく動作しませんので

注意が必要です。




プリント基板裏面のパターンをカットして




1S1588相当のスイッチングダイオード

を追加します。







出来た。

改造完了!!(*^^*)

これでひとまず無線式アタリセンサーの

まとめ記事を終わります。

by.izuyan

コメント

_ RYUJI ― 2017年07月08日 17時20分

IZUYANさんいつも楽しく参考に拝見させていただいています!量産化すごいですね!製品化もできるんでは!?以前私も参考につくらせていただき、メールを送らせていただいたことがありましたが、1台つくっていただきたいのですが・・・可能でしょうか?

_ izuyan ― 2017年07月10日 06時06分

RYUJI さん、おはようございます。

いつもブログをみてくれるそうで有難うございます。

以前自作したとのメールと動画をありがとうございました。

10台分ほどのアタリセンサーを作ってみて基板以外は手作りなので

量産化出来ないことがわかりました。(笑)

受信機の基板は1枚,送信機の基板はまだ8枚残っているので

1セット分は製作可能です。

詳細はメールを送りましたのでよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2017/03/06/8394799/tb