渋柿100%2017年12月04日 21時04分

この間柚子を収穫していると近くの柿の木に

渋柿がいっぱいなっていることに気が付きました。

今年は当たり年なんでしょうか?




渋柿なのでいつもならスルーするところですが

柔らかくてジュクジュクしている柿があったので

これは美味しそう。

思わず柔らかいところを一口 ”ガブリ”

わ!甘い! 

渋柿だけど自然に熟れているのか。

二口目 ガブリ・・・。あれ? 

口の中は渋さとエグミが広がります。

ははは! 

だめだコレはやっぱり渋柿だ!

おもわず口の中から”ペッ”と

吐き出しました。^^;




しかしこの柿があまりにももったいなく思ったので

週末に1カゴだけ取ってきました。




この柿を吊るし柿にするかどうしようかなあ・・・。

ぼーとしながらスマホでポケ森やってると

なんとイカが釣れました。(*^^*)



・・・・・。

あ!俺はイカ釣り師だった。

渋柿なんて食っている場合じゃない(笑)

これは行くしかないでしょ!

気がついたら次の日の朝はやく起きて

海に向かっていました。

ははは・・。(笑)




5時前には海についてキャスト開始!

今日は天気が良い大潮!

風もなく期待大です。




朝寒いので自作のヒーターベストを

着てみました。

やっぱ!これ温かいわ。

( ̄ー ̄)ニヤリ

背中がポカポカします。




しかしアタリは無く

なんとか気合で一杯だけ。




9時まで粘るもイカの気配は無くショートエギング終了!

自分的には今シーズンのエギングは終了かな?

なんかちょっとさみしいけど・・。




天気は良くてきれいな海に自分の影が

ぼんやりと写っていました。

(*^^*)




さて帰って柿をどうにかしないといけません。

今回はネットで調べて焼酎で渋抜きを

やってみることにしました。

さっそく35度の果実酒用のホワイトリカーを

買ってきてヘタに焼酎を染み込ませます。




それを密閉したビニールに入れて

上からさらに焼酎を吹きかけて

渋抜き作業の完成です。

たぶんこれで大丈夫? ^^;




しかし焼酎で渋が抜けるなんて不思議です。

一体誰が考えたのかなあ?

先人の知恵はすごい!

はたして甘い柿となって美味しく食べられるかは

一週間後のお楽しみ!

by.izuyan

コメント

_ きそやn ― 2017年12月05日 18時02分

こんばんはー‼


自分の実家でも子供頃はどこでも軒先に柿ぶらさがってましたねー(^-^)



でもたまに実家に帰ってもあまり見なくなったよーな???



今の子供は渋かぎ食べれる子供はいるのかな?



izuyanさんのヤエン開幕までもう少しですね( ̄ー ̄)


今年は渋渋の渋々柿柿なので用心下さい。


アメブロでも報告しましたが赤水のオバチャン所流通始まりました(^o^)



でも……やる気が無いのか?あまり在庫が無いようです(九州からの輸入もやめてるみたい)


でも頑張ってハイテクメカ使ってでかいの釣って下さいね(^-^)

_ izuyan ― 2017年12月05日 22時54分

きそやnさんこんばんわ~。

子供の頃は家の横に立派な甘い柿の木が有ったので

学校から帰るとおやつ代わりにいつも木に登り柿を

お腹いっぱい食べてました。^^;

まあそれで木登りを覚えたようなもんです。(笑)

アジの情報ありがとうございます。

今シーズンは渋柿のように渋いのかな?(涙)

毎年だんだんと釣れなくなっているように

感じるのは自分だけでしょうか?

でも年が開けたらいよいよヤエンを開始しますのでよろしくです。

お互いデカイカ目指してがんばりましょうネ。(*^^*)

_ yama ― 2017年12月06日 21時22分

渋柿を、渋抜きしないで直ぐに食べられる方法が

あるみたいよ。

電子レンジで、30秒チンだって!

一度試してみて下さい。

_ izuyan ― 2017年12月07日 06時58分

yamaさんおはようです。

その電子レンジ調法ですがネットで見てみるとさすがに

だめっぽいですよ・・。(泣)

簡単に温めるだけで渋(タンニン)がなくなるなんて

夢のような渋抜き方法ですけど・・。

他にはお風呂のお湯に一晩つけておくと抜けるとか・・。

マジ?ホントだったらすごいけど

でも焼酎で渋抜き考えた人もえらい!

これって一種の都市(田舎)伝説なんではないでしょうか?

へへへ 渋い渋柿あげますので一度実験してみてください。?^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2017/12/04/8741872/tb