アユ(アジ)カンでアユ飼育・・・。2018年08月26日 20時36分

タライ飼育でアユ7匹を全滅させてから(泣)一週間。

今度はリベンジとしてアユ(アジ)カンでアユを

飼育してみたくなりました。

そのためには元気なアユが必要です。^^;

今回野鮎を釣る為のおとりアユは

養殖場で仕入れてみます。




主人にアユの餌にどんなものを

与えているのか聞いてみたら・・・。

”それはあゆ用の専用餌があるよ”とのこと。

親切にも見せてくれました。




ダメもとでアユを飼育したいのでこの餌を

少しわけてくれませんか?

とお願いしたところ

なんとタダでわけてくれました。

ありがとうございます。(*^^*)




この餌の袋には

マルハニチロ(株)

林兼産業株 EP-4と袋に書いていますが

詳細はわからず・・。

EP-4で検索したところ

株式会社 科学資料研究所 が発売している餌が

あるということがわかりました。

リンク先 → 鮎用 養魚飼料

鮎の大きさに合わせて5種類の餌があるんですね・・。

びっくり!しかし養殖は手間ひまかかってる・・。

さて昼からのんびりと野鮎を捕獲しに

でかけます。^^;







へたくそなんで、死んだ鮎を除けば

キープした生きた鮎は5匹!

これだけでは少ないので

なんとか日曜日につなげます。

え~!まだ明日も釣りに行くのか?

という声が聞こえますが(笑)

外野の声は気にしませ~ん。(*^^*)




そして日曜日の朝。

養殖場の主人に鮎の養殖で一番大事なことは

水温だと話していたことを思い出しました。

水温が25℃を超えると極端にアユは弱るそうです。

そこでアジカンで使っていた温度計を

出してきて水温を測ってみようとしたところ。

あれ?表示がおかしいなあ!

これ壊れているぞ・・。

水温計はヤエンにも必需品なので

仕方なくすぐにアマゾンでポチリました。☆彡




でもこの壊れた水温計、指で上部を押さえると

ちゃんと表示します。




修理できんかなあ?

そこはizuyanブログ!

もったいないのでとりあえず

ちょっと修理にチャレンジしてみます。(笑)

まず表面のシールを剥がしてみました。

ここに隠しネジがあると推測しましたが

無い!。

予想はハズレでした。^^;




完全密閉型のようなのでアクリルカッターで

ケースの表面と裏面の接続箇所に

切り込みを入れます。




隙間ができたところで無理やり

マイナスドライバーをねじ込んで

ゴリゴリ。




力をいれるとパコン!と強引に分解できました。

( ̄ー ̄)ニヤリ




中を見ると液晶部と基板部に分かれています。

液晶部と基板の接続はよくある導電性のゴムで

配線されています。

どうも基板を止めているネジの雌ねじ側のプラスチックが

一つ割れているので導電性ゴムの抑えがゆるくて

接触不良を起こしていることがわかりました。




ええい!こうなりゃ

エポキシ接着剤を充填して

基板と本体を強引に圧接だ!




できた!

これなら動作するかな?




ケースもエポキシ接着剤を充填して

圧接して固まるまで万力で固定します。




ところでアユカンのエアポンプは先週製作した

ACアダブタの直結タイプで

連続運転しています。

ACだとバッテリ容量の心配が全く

無いのでいいですね・・。




さて昼ころから近くの川に出撃してみました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

やっぱ!ガツンと野鮎が掛かると

気持ちいいなあ・・・。




遠くに入道雲が見えて夏真っ盛り

という感じです。

いい気分で

井上用水の『少年時代』という懐かしい曲を

なんか思わず歌ってしまいました。

夏が過ぎ 風あざみ ♪

8月は夢花火・・・・ ♫

私の心は夏模様・・・。





そういえば遠いむかし・・・

子供の頃、川で泳いでいたことを

思い出しました・・・。




この川は8月初めに瀬張り漁が解禁になったので

あちこちに竹杭が打ち込んであります。

この竹杭間に藁で編んだしめ縄を張って鮎の行く手を

阻むもので、この縄に驚いて回避する鮎を

投網により捕獲するという伝統的な漁法です。




お盆休みに覚えた鮎がいる2箇所の鉄板ポイントを

回ってこれだけ鮎を釣りました。^^;




生きた鮎は9匹です。




さっそく修理した水温計を

でアユカンに入れてみます。

え? 25℃ 高いなあ。

地下水って18℃ぐらいじゃ なかったけ?




念の為、違う温度計で測っても24℃。




この温度でタライなら日中温度が上昇して

アユが死ぬはずだなあ。

なるほど・・。

なんか納得。




ペットボトルの水を凍らせてクーラに入れ

水温をもっと下げたほうがほうが

いいのかなあ?

さらに野鮎はこの餌を食べるかどうかは不明です。

ネットをしらべると養殖アユじゃないので

餌付けは難しそう・・・。(;_;)

まあ、とりあえずどうなるか

実験あるのみですネ。^^;

by.izuyan

コメント

_ yama ― 2018年08月28日 08時18分

おはようございます。

izuyanさんが、釣り三昧の中、必死に働いているyamaです(笑)

釣りテクニックより、またまた道具弄りブログになってきましたよ。
ははは!!!

izuyanさんところは、土地をいっぱい所有しているのだから、

田んぼに囲いして水を流れるようにした方が、いっぱい養殖できますよ!
来年は、同好会全員分の活き鮎をようしてね。よろしくです。

_ izuyan ― 2018年08月28日 23時17分

yamaさんこんばんわ~。

確かにこの夏は釣り三昧なので全く反論できない・・・。^^;

まあぶっちゃけ多く釣るテクニックよりいかに

遊びの過程を楽しむかに重点をおいてるような気が

自分でもします・・。ははは。

田んぼは残念ながら水温が高いのでどじょうぐらいしか

養殖できませんね、^^;

来年はyamaさんの分もおとり鮎を確保しておきますので

ぜひ四国の清流にアユ釣りに来てくださいね。☆彡

_ M ― 2018年08月29日 22時23分

izuyanさん

こんばんは。

地下水の水温高いですね。
我が家も地下水です。(上水道は整備されていません)
但し、打ち抜きではなく、ポンプで汲み上げているため、近所への騒音を考えると24時間回しっぱなしというわけにはいきません。
西条の地下水は13~14℃とか16℃と言われていますが、これまで確認したことがないので今度測ってみます。

加茂川は囮鮎が3匹\1,000なので、毎回冷蔵庫で全部絞めています。
肱川のように高価になった場合は、izuyanさんのように養殖業に手を出すかもです。

その折は是非ノウハウを伝授願います。
izuyanさんのことですから、水温を下げ一定にキープするシステムを開発しているかも…
取り敢えず手始めに、周囲を発泡ウレタンで固めた円柱型クーラーの製作とか如何でしょうか?

_ izuyan ― 2018年08月30日 00時20分

Mさんこんばんわ~。

そうなんですよ~。体感上は冷たいのですが

温度計で測ると23℃ぐらいあります。

浅井戸なんで水脈が浅いのかなあ・・。

庭木に水やり用の打ち抜き井戸なんですが

もちろん組み上げにはポンプを使っています。

水を流しぱなしにするともちろんずーっとポンプは回ってます。

ポンプ電源を太陽光パネルで発電してバッテリで貯めて

それをインバータでAC100Vにすれば理論上は

流し放しでいけるんですが(笑)ポンプのモータが150W

なんで1.5A 結構電気を食うので連続運転のシステムを

作るにはお金が掛かりそうです、^^;

または電磁バルブを使って時間が来たら一定時間スイッチを

ONにしてクーラの水を入れ替えるとか

(もちろん最初の水は温かいので捨てます。)とか

いろいろ検討の余地はありそうです。(笑)

円柱形のクーラいいですね・・。

タライに発泡スチロールを巻いて発泡スチロールの

蓋を作ってアユの生命維持装置を自作というのも有りかと・・。

ははは・・。しかしなんかアユ釣りよりアユを活かす装置を作る方が

おもしろいといういつものパターンになってきました、(笑)

ところで現在日曜から飼ってる残りの4匹のアユは

今の所2000円分?元気に生きています。^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2018/08/26/8950575/tb