6月1日アユ解禁!2019年06月03日 22時12分

6月1日待ちに待ったアユ解禁日です。

去年は初めての鮎釣りということで右も左も

全くわかりませんでしたが

さすがに今年は2年目なので多少は心に

余裕があります。(*^^*)

経験値はちょっとだけUP↑

解禁日は土曜日ということで出撃が出来るので

前の日から気合が入ります。

オトリ鮎を買いに近くのオトリ屋さんへ・・・。




水槽を覗くと解禁日前といいうことなのか

水槽にいた在庫のオトリはわずか数匹?




その中で元気の良さそうな2匹をチョイス!

明日の出撃の準備をして早めに寝ます。

遠足の前みたいにわくわくするなあ・・。




朝4時前

自然に目を覚まして近くのポイントに出発します。

こんな朝早くだと、どこでも空いていそうです。(*^^*)




自分が去年の釣れた経験から一番良さそうなポイントを

選びます。

アジカンじゃないアユ缶を持ってヘッドライトを頼りに

ヤブをかき分けて河原に降ります。

まだ周りは真っ暗な暗闇です。

でも不思議に全然怖くはありません。

なぜなら心がこれから始める友釣りに

思いを馳せわくわくしているからです。




オトリを友船に移して夜が明けるのを

静かに待ちます。




やっと東の空がゆっくりと

明るくなってきました。




オトリに鼻かんを通していよいよ戦闘開始です。

アユは循環の釣り!

はやく元気のいい野鮎を釣らなければ・・・。




さあ!いくぜー

このポイントは釣れなかったことはありません。

いつも鮎師がいる一級ポイントです。

期待度はマックス200%(笑)




泳がしてすぐに竿にガガっと衝撃が来て

野鮎がかかりました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さいさきが良いです。

きょうは入れ食いだぜ!




しかし・・・。

・・・・・・。

このあと粘りますがその後

まったくアユの気配が無いのです。(涙目)

ここは諦めて別なポイントをさがしながら移動します。

主要なポイントにはもう鮎師が入っています。

とりあえず次のポイントに着いて

再度バトルの開始です。

この沢は遠いので友舟に元気なアユを2匹入れて

運びました。

最初のアユが弱ったので交換しようとスタート場所に

置いていた友舟に戻った時、なんと蓋が開いていることに

気が付きました。

中をみるとアユは脱走してもぬけの殻でした。(;_;)

ははは・・・。(泣)

ここでも1匹も釣れず諦めてまた移動します。




次のポイントでやっと一匹GET!

しかしその後が続きません、(涙)




次のポイントに行ってやったところ

巨大なマスのような大きな魚がイカリ針に掛かり

痛恨のライン切れ!

2匹(購入)+2匹-1匹(脱走)-1匹(ライン切れ)=2匹(残り)

昼過ぎには田植えの準備もあり心が折れて

納竿としました。

とりあえずオトリ二匹は活かしておきます。

昼からは田んぼの畦道に除草剤を撒いたり、

水田に水稲肥料をやったり農作業をしまいした。




そして次の日は日曜日

天気は生憎の雨。

水路の掃除や田んぼの隅を枕打ちをなんとか午前中に

終わらせて15時前に、雨の中リベンジに出発します。

これはもう病気やな・・・。




河原に降りると大粒の雨が降っています。




昨日は川の水が冷たそうだったので

濡れないようにウェーダを履いていましたが

今日はどうせ下は濡れると思い

気合を入れて海水パンツの上に鮎タイツ。

上は一応カッパを着ました。

名付けて”カッパ友釣り”です。





雨の中友釣りを開始します。

川の水は全然冷たく有りませんでした。

こんな雨の中、友釣りをやっている人はいないだろうと

思っていましたがこの場所に来る途中で一人鮎師を

見かけました。^^;




去年は鉄板ポイントだったここも全くアタリなし!

夕方まで頑張りましたが全然だめです。

そして泣く泣く納竿としました。

月曜日の夜、仕事から帰ってどうせ死んでいるだろうと

思ってそっとアユカンを開けてみると2匹のアユは

なんとまだ生きていました。

ヒレはもう逆さ針の打ち過ぎでぼろぼろになっており

傷だらけです。




まじでアユの驚くべき生命名力に驚きました!!

しかし初日2匹とは撃沈です!

アユはこの川にいるのかなあ?

時期的にまだ縄張りを作ってないとか?

川の事やアユの生態についてほとんどわからないので

一から勉強が必要なようです。^^;


次回いよいよ”なげあみ”に挑戦予定です。

さてどうなることやら?(*^^*)

子供の頃に戻って力いっぱい川遊び!

by.izuyan

( ̄ー ̄)ニヤリ

初めての投げ網2019年06月10日 23時06分

金曜日は仕事を休んで雷が鳴る中、田植えを行いました。

なんとか「カッパ田植え」も土曜日の午後には終わったので

一安心です。

たんぼの後片付けもそこそこに、夕方から投げ網の練習に

近くの川に出かけます。

もちろんYouTubeで動画を見て事前に投げるイメージトレーニングは

行ってきたつもりですが実際に投げるのは初めてです。

記念すべき一投はやはり動画を取らねばなるまい。(笑)

前の日の大雨で川は濁って増水しています。

とりあえず投げてみようっと・・・。

いくぜー!




とりゃ~!




お!一応網は開いたぞ!

こんな感じでいいのかな?

バシャバシャと手で音を立てて魚を追い込みます。




しかし投げたら水の濁りで水中の網を見失ってオロロする始末。

結局2,3回だけ練習しました。

濁流で葉っぱやアオサなどのゴミばかり取れて

その日鮎は掛かりませんでした。

ちょっとくやしくてがっかり!

そんなに簡単に捕れないよな・・・。

そして次の日も性懲りもなく投げ網の練習に

別なポイントに向かいます。

車で走りながら川をチラッと見ると多くの鮎師たちが

あちこち川のポイントにいます。☆彡




izuyanは初心者で恥ずかしいので人が居なそうな河原に降りて

こっそりと練習しようと準備をしていたら

一人の網師(聞いたらなんと75歳だそうです。)

が近くにやってきて話しかけてきました。

少し離れたじゃまにならないところで投げていい?

izuyanがド素人で網を打つのは初めてなので

どこでも好きなところで投げていいですよ!と言うと

親切に網の投げ方や鮎のいるポイントなど投げ網の知識を

いろいろと親切に教えてくれました。

ありがとうございます。♫

m(_ _)m 



くさり網も自分で作るそうです。↓




izuyanは両手で投げていましたが

この超ベテランは片手で網を投げます。

それは網の反対側の手に石を2,3個持って

投げると同時に石を川に投げて鮎を追い込むためです。


腰につけた竹製のビクが渋いです。↓



投げる様子をみせてもらいます。

最初はすぐに投げずにじっと見つめて川を観察します。

鮎の跳ねる様子や魚がキラキラと光る様子を

見て投げるポイントを決めるんだそうです。






とりゃ~!

(言葉では言いませんよ~。^^;)

お!流石さすが超ベテランです。

片手投げできれいな円弧になります。

一匹の鮎が網に絡まっています。

この鮎をオトリ用にもらいました。





あんたも見てるだけで投げてみんかい!

とプレッシャをかけてきます。

”どんどん投げて練習しないとうまくならないよ”

はい!おっしゃるとおりです。

1,8kgもある網を投げまくります。

そしたらカニがかかりました。

やばい!

網がハサミで切れるよ・・。





鮎は取れないし網を投げるのが疲れてきたので

場所を移動して、頂いた1匹の鮎をオトリに使い

友釣りをすることにしました。




川は雨で透明度は悪いです。

こんな条件で鮎は釣れるのかな?




さっそくやってみます。

ガガガ!ガツン!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

釣れました。

やはり友釣りは面白いですね・・・。




一回バラシましたがしばらくして2匹目も釣れました。

しかし内蔵付近にイカリ針が掛かったらしくで

内蔵が出てきてオトリとしては使えませんでした。




最後にマスのような?大きい魚が掛かりました。

すごいパワーです。

なんとか取り込もうとしますがダメです。

ふ!っと竿が軽くなりました。

アーマード0.2号の水中糸ラインは丈夫で

切れませんでしたがなんとイカリばりが

1本ポキンと折れてます。(T_T)




これにて今日の川遊びは終了!

今日の釣果です。

もらった1匹を3匹に増やしました。^^;




久しぶりに塩焼きにして食べましたが

美味くてびっくり。




投げ網でまだ結果は出せていませんが

とりあえず練習あるのみです。^^;

by.izuyan