鮎キャンプ2019年09月08日 21時40分

今年の夏は週末雨ばかり・・・。

伸び伸びとなっていた西条のMさんとの『鮎キャンプ』。

コラボ予定してた7日,8日も木曜日の天気予報では雨。

また今回の予定もダメかあ~。




ところが金曜日になって天気予報をみると

なんと晴れ予報に。

これを逃すといつになるかわからないので

急遽鮎キャンプを決行することにしました。^^;

しかし毎日コロコロ天気予報が変わります。

遠くを通る台風の影響みたいです。




当日の朝、待ち合わせをしておとり鮎を2匹ずつ買い

近くのポイントに向かいます。

ここはいつも鮎師がいる自分の中では一級ポイントです。

しかし今日は誰もいない・・・。

釣れてないのかなあ。?




ここ最近雨ばかりなので川幅が広がり

普段より増水しています。

さっそくおとり鮎を泳がして友釣りによる

バトルの開始です。^^;




しかし快晴の予報だったのになんと空は雲で覆われ

なんとポツポツとかなりの雨が降ってきました。

えーーーー?

うそやろ!

天気予報をみると今は雨予報じゃん!(涙)

でもそのうち雨が上がって晴れてくるやろ?




雨降る中なんとかこの川で2匹釣れましたが

掛かりは渋い!

なんか嫌な予感です。(;_;)




そうしているうちに

Mさんが ”悔しいーナマズが掛かったけど糸を切られてしもた。”

でも鮎は釣れてないようです。☆彡

そのうち ”釣れん! 鮎がいるのか潜って見てくる” と

言い残し服を脱ぎ捨て水中メガネをかけて

激流の川?の中に潜っていきました。

鮎がいるかどうかは実際に川に潜って

確認するのが一番だそうです。^^;




さすが愛媛マラソンで完走するだけのことはあります。

いい体で筋肉すごい~!・・・・。

izuyanも一瞬あとに続こうかと思いましたがさすがに

この激流に飛び込むのは怖くて無理!

だって50mぐらいしか泳げないもんね。

(*_*)




潜った結果鮎はいなかったそうです。^^;

ははは。

この場所はあきらめて別なポイントに移動しました。

コンビニ弁当を食べて昼食です。




さてそろそろ網でも始めようかと思っていたところ

ここでアクシデント発生!

なんと軽トラのキーの閉じ込めをやってしまった~。

(´・ω・`)




幸い?エアコンが壊れており窓を少し開けていたので

Mさんがその隙間からロープと針金を使いキーロックを

解除してくれました。

ありがとうございます。m(_ _)m

後でわかったんですがドアを開けた状態で

差し込んだキーのリモコンのロックスイッチを間違って

押した場合、そのあとドアを占めるとロックするようです。




雨が結構降ってきました。

気を取り直し、なげ網をやってもチビ鮎一匹

取れません。ははは・・・。網は難しいな・・。

仕方なく、なげ網は諦めて再び友釣り開始です。

Mさんも気合が入ります。




このポイントでなんとか2匹釣れましたが

やはり掛かりが渋いです。






空を見上げると雨が上がり少しだけ晴れてきました。

やっと太陽が出てきた。




キャンプ予定地の近くに移動して1匹追加しました。

これが今日一番のサイズです。




夕方、暗くなる前にテントを設営してスーパに買い出しに行き

いよいよ宴会(うたげ)の開始です。

わくわく!\(^o^)/




机の上には食べきれないほどの食材が・・・。

ちょっと買いすぎたかなあ(笑)




Mさんが持参してくれた七輪で

炭を起こしバーベQの開始です。

食欲をそそる肉が焼けるいい匂いがします。

(*^_^*)




そして七輪といえば

そう肉もいいけどサンマでしょう・・。




いや~いいですね。

炭で焼くサンマ最高!。




きれいにコンガリ焼けてきました。

大根おろしがあれば良かったけど

醤油をすこし垂らして秋のサンマメチャ美味です。




この間エギングで釣ってきた新子のイカも

大量に焼きます。

フライパンで炒めるのとは全然美味しさが

違いますネ。




ビールをしこたま飲んで\(^o^)/そろそろ

お開きの時間になりました。

おやすみなさい・・・。




朝になりました。

今日はいい天気になりそうです。

テントや地面は夜露で濡れておりテントは乾くまで

設営したままで置いておくことにしました。

朝食を食べて友釣りに出発です。




今日は水の綺麗な上流を攻めてみます。

いつも鮎師がいる有名な一級ポイント。

しかし・・・。

全く釣れんなあ~。




izuyanは元気なでかい野鮎のおとり鮎一匹で攻めるも

ぜんぜんアタリが無くMさんが気合で一匹を釣っただけで

午前中二人共、撃沈でした。




元気なおとり鮎もいなくなり、近くのおとり鮎屋さんで

情報収集です。

朝のポイントはやはり聞くといつも人がいる一級ポイント。

釣れないのは土曜日に人が入ったかもしれないという事と

もう少し濁りがあったほうが釣れるとの事。

残念ですがここで諦めて鮎キャンプは終了としました。


ところでここに9月2日現在の記録保持者26.8cmの紙型が

あったので自分が昨日釣った一番大きい鮎を

並べて比較してみました。

あちゃ!これは全然チビ鮎でダメだな!(笑)

尺鮎が釣れるのはいったいいつになることやら。




帰りはおとり鮎屋さんに教えてもらったポイントを

調査して帰りました。

このポイントは濁りがでると釣れるそうですので

次回来てみようと思います!☆彡




帰りに空を見上げると真っ青な青い空と

真っ白な夏の雲がありました。




キャンプ地戻ってテント撤収後は

近くの温泉に入って帰りました。

あまり釣れなかったけど

子供の頃の夏休みを思い出しました。

夏の鮎キャンプ楽しかったな!

by.izuyan

コメント

_ M ― 2019年09月11日 18時47分

izuyanさん

こんばんは。

キャンプコラボ本当に楽しかったです。
来年も是非やりましょう。
その前に、ちょっと贅沢して春烏賊宴会も企画しましょう。

それにしても、あの状況で5匹釣ったizuyanさんは凄いですよ。
私は最後の最後で、坊主逃れの1匹を釣るのが精一杯でした。
(初日は坊主でしたが)

izuyanさん、50m泳げれば十分です。
私は単純に流されているだけですから。
鮎が多ければ姿を見ることができるはずですが、私が唯一見たのはizuyanさんが仕掛けとともにロストした囮鮎のみでした。

なげ網は難しかったです。
残念ながらストレスだけが溜まってしまいました。
『囮鮎を購入せず現地調達』の夢も儚く消え、活きアジ同様、買うのが最善の策であると悟りました。

七輪で焼いたサンマ最高でした。
本当は釣った鮎を焼けると良かったのですが・・・
大事なタマを減らせる状況ではなかったですもんね。

囮鮎屋で教えてもらったマル秘ポイントで、是非26.9cmのダービーフィッシュ釣って下さい。
期待しています。

童心(身体は老体ですが)に帰った2日間で楽しかったです。

_ izuyan ― 2019年09月12日 06時16分

Mさんおはようです~。

あ~あ・・釣果ぼかしていたのにバラしちゃった(笑)

釣れるポイントに案内できなくてほんと申し訳けなかったです。

もっと川の事や鮎についてもっと勉強しなければ一流の鮎師には

なれそうにありませんネ。ははは。

しかしMさんが激流を潜りながら泳いで行ったのは衝撃的でした。

川遊びの鉄人ですね(*^^*)

来年から釣れないときは自分も・・・。いや無理っす!(笑)

でも2日間思いっきり川遊びできて楽しかったです。

また鮎キャンプしましょう。☆彡

今度は尺鮎がいる四万十川かな?(*^^*)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2019/09/08/9151665/tb