反省(;_;)2020年04月05日 12時44分

桜満開になりました。

近くの公園の桜です。

でもTVをつけると世間はコロナ一色で

週末の自粛を促しています。




でも人が居ない海なら感染しないので大丈夫でしょ!

と理由をつけて朝の用事をすませると愛車で南に

向かっていました。^^;

きょうの天気は快晴!

コロナのことはしばし忘れてウキウキします。




途中でアジ屋さんに寄ってアジを仕入れます。

yamaさんの情報だと近畿では15cmぐらいのアジ一匹

が160円ぐらいするとか・・・。

まあ場所によっては200円ぐらいのところも有るらしいので

こちらはそれに比べたらまだ全然ましですね。^^;




さて今日はどこに行こうかな?

なるべく人が居ないところへ・・・。




道中もあちこちに桜が咲いていてとても綺麗です。




きょうは久しぶりに地磯でやってみます。

ポイントに到着してあたりを見回すと

アジをビュンビュンぶん投げている人が居ます。

あ!あの人は・・・。

すぐに思い出しました。




この人は以前ここで会ったことが有る伝説?の

カウボーイおじさん では? ← クリック


おじさんに話を聞くと今日の朝2kgぐらいのモイカが

1杯だけ釣れたとのこと。

すごいわ!

しかし流石ですネ。

この話を聞いていやがおうにも期待は高まります。

地磯まで何回か荷物を持って往復してから

ヤエンによるバトル開始です。




久々に岩にピトンを打ち込みます。

いつも楽ちんポイントばかりでやってるから

なんか勝手が違います。





なんか攻めのヤエン師になったみたいで

かっこいいぞ!(笑)




しかし昼近くになっても全くリールは逆回転せずにウンとも

スンとも言いません。

なんか嫌な予感が・・・。




昼前に価格破壊の弁当を食べます。

さすがにバーナや水までは運ぶ気力が無いです。




干潮から満潮になっていきます。

そうするとピトン受けが上向きにならずに

海面近くでは竿の重さで竿先が水没することが

あることに気が付きました。




4時頃からちょっとした時合が始まります。

竿で聞くとアジが潜らずに浮いていたので

オモリをつけるため手前に引き寄せました。

そしてオモリを出してつけようと竿で引っ張ると重い。

アチャ!すぐ真下に潜っています。




くそ!~。

地磯の真下は

やりにくいなあ。

こうなったらすぐに必殺のお仕置ヤエンで勝負だ!

あちゃ!

なんということでしょう!

お仕置失敗!!。

ははは。




だけどすぐそのあと、同じパターンになり

アジが浮いていたのでアジを引き寄せて

オモリをつけようと準備していると

すぐ手前で乗ってます。

面倒くさかったのでこれはギャフを使わずに

地磯に引っ張り上げました。




そして4時過ぎに今日最大のアタリがやってきました。




ここは時間をかけて本気の勝負です。

潜っていたイカを徐々に浮かして

ヤエンを投入します。

波止と違って角度が取れないのでローラヤエンとは言え

ヤエンの進みが遅いです。

ヤエン到達のお知らせ逆噴射があり

その後時間をおいてアジを奪うように慎重に合わせます。

あ!



やってもうた~。

その後すぐウキにもアタリがありウキが沈んでいます。

追い合わせを軽く入れると




アチャ!またやってしもうた~。

しかしすぐまた今度はヤエンに来ました。

時合であることは間違いなさそうです。

こんどはお仕置ヤエンががっちりと掛かっています。




そしてカメラを取りながらギャフ掛けしていると

いつもは左横に流し下から掛けるのですが

なんとなぜか上から掛けてしまうという大失敗。

ラインがギャフに絡まってしまい

イカは下記写真のように真っ黒い墨を吐いて

バイバイしてしまいました。

俺は何をド素人のような事をやってるんだ!

くっそ~。(泣) 

ちょっと自己嫌悪になりました。




これからの時間帯、潮は下げ潮になります。

またチャンスがあるだろうと思って甘く思っていると

もう時合はありませんでした。(涙目)




夜の9時半頃、アジも無くなり撤収しようと

少しずつ後片付けを始めます。

もうかなり潮が引いてしまい岩肌があちこちに

顔を出しています。

ウキとヤエンを1本ずつ出していますが

ド干潮でとても釣れる気がしません。

荷物をすべてほとんど車に片付けて最後に

残ったウキを片付けに戻ったら

目の前でウキがす~と沈みました。

ラインが出ます。ええええーーー。マジ?

いるよ・・・。ニヤリ

しかしギャフがありません。

しまった!ウソやろ!と思い急いで竿を放置して

車にギャフを取りに戻りました。

そして急いで戻って竿を合わせます。

あれ?だめだ!根がかりしてる。

そりゃそうだよ干潮だしここ浅いもんね・・・。

最後のメイクドラマは起こらずに電気ウキと仕掛け

を無くしただけで終わってしまいました。(涙)




ギャフを最後に片付け無かった事も敗因ですが

今思えば地磯なんでギャフを取りに戻らずに強引に

地磯に引っ張りあげたほうが捕獲のチャンスが

有ったかと思います・・・。(反省)

--------------

今日の釣果です。

ちびアオリイカ1杯・・・・。

(チャンスはいっぱい有ったんだけどね)



さて次の日ピトンの改良をします。

ピトン受けの竿の角度調整はピトン受けを締める位置によります。

このピトンは先端部が短いためピトン受けがあまり下に下がらず

その結果、水平位置ぐらいにしかなりません。

海水ラインと同じ位置ぐらいの地磯で使う場合は

もっと上向きに調節出来ないと竿の先端が海水に

浸かる可能性があります。




最初ドリルでピトンの丈夫に穴を開けてネジをねじ込もうと

思いましたがステンレスなので超硬い。

ステンレス対応のドリル刃を持っていないので

これは諦め違う作戦に・・・。



ピトンの先にステンレス製のナットを溶接することに

しました。


久しぶりの登場です。

200V溶接機(たまには使わないとね)


ナット溶接しました。

ナットの角をグラインダーで削って綺麗にして完成。

これで5mm程高くなったので上向きの角度

調整ができそうです。

あとはガンガン叩いて潰れなければ良いだけです。^^;


しかし地磯のヤエンはまだまだ修行が足らんな。

反省(;_;)

by.izuyan

コメント

_ M ― 2020年04月05日 21時27分

izuyanさん

こんばんは。

ボーズ逃れの食べ頃サイズ一杯はきっちり確保していますが、今回は驚異のキャッチ率では?
こんな時もありますよね。
今回は浅場の磯場と条件が悪かったことが原因と諦めましょう。
最後のウキは勿体なかったですが・・・
最近、最後の一匹にあたることが多いのでは?
油断できませんね。

私も仕事がひと段落しそうなので、是非ご一緒しましょう。
楽々堤防ではなく、リベンジで沖磯に渡してもらいますか?

_ izuyan ― 2020年04月06日 22時42分

Mさん、こんばんわ!

今回は久しぶりに散々でした。

全分のアタリが釣れたらまあまあだったのに。

まあでもそんなにうまくは行きませんよね。

だからイカ釣りは面白く長年ハマっているのかも。

了解です。また一緒に行きましょう。

こんどはきっちりバラさずに釣っちゃうとこ

お見せしますよ~。^^;

しかし最後にくるのはよくあることなんで逆転一発

最後まで諦めないことがホント大事ですね。☆彡

_ こば爺 ― 2020年04月07日 08時03分

izuyanさん
頑張っておられますね。
ヤエン釣り不思議な釣り方法ですよね、浮き釣りでやればいいものをあのドキドキ感を味あうためになぜか続けてしまいますよね・・・・
コロナの影響で外出もままならない状態です。
少し小康状態になるまで待機ですね、仕方ありません・・・・・
報告楽しみにしています。

_ yama ― 2020年04月08日 07時10分

(俳句)バラシあり 釣りができるだけ へいわだな

せんげんは タバコすえない オラつらい

とほほ・・・

_ izuyan ― 2020年04月09日 06時10分

こば爺さんおはようです~。

時間を見つけてイカ釣り頑張ってはいるのですが、

釣果は今一つでして...。^^;

しかしコロナの非常事態宣言で大変な事になってきました。

この嫌なムードはたまんないですね。

安心して釣りに行けるようこの疫病が

はやく終息してくれることを祈るばかりです。☆彡

_ izuyan ― 2020年04月09日 06時20分

yamaさんおはようです~。

(俳句)

ヤエン好き 行けども 行けども バラシだけ

うみへいわ コロナのことなど わすれちゃう

タバコ好き これを機会に やめましょう!

あ!これ季語がないので川柳だった。

_ ポテ☆ ― 2020年04月10日 06時48分

おはようございます!!

よ~~く考えれば、修理したギャフを使いたくって取りに帰ったんでは??

_ izuyan ― 2020年04月10日 21時34分

ポテ☆さんこんばんわ~。

う~んさすが鋭い。

1杯目はギャフを使わず地磯に引き上げ、2杯目は

墨はほんとにつけたけど軽く逃げられ(笑)

よく考えたら新しいカツイチのギャフに真の墨付けがまだでした。^^;

ははは。

次回は絶対つけてやるぞ・・・・。☆彡

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2020/04/05/9231847/tb