ブドウ畑とミニユンボ2022年09月23日 20時39分

子供の頃からあったブドウ畑は手入れをしなかったので

雑木林となり荒れていました。

いつの間にかぶどうの樹も枯れていつか時間が出来たときに

復活させたいなと思っていました。

これは去年からのブドウ畑とミニユンボの記録です。


雑木が生えて荒れた元ブドウ畑。↓



どこから手をつけてよいものやら。

まずは古いブドウ棚の針金とコンクリート支柱を撤去します。




それから雑木類をチェーソーで切ります。




切った木の根っこには判りやすいように

切り株撤去用の目印をつけました。

しかし木の根っこをスコップで引き抜くのは絶対無理だな。

いっぱいあるしどうしよう・・・?




いろいろ調べると

チェーンブロックで引き抜く手法もあるようですが

やはり気が遠くなる作業となりそうです。

ここはやはりユンボしかないでしょ!^^; と頭に閃きます。

整地を業者に頼む手も有りますが高そうだし

ユンボは面白そうなのでぜひ自分でやってみたい。

ふつふつと野望が頭をよぎります。(笑)

敷地内であれば資格は不要のようですが

しっかりと基礎から教えてもらったほうがいいな。

なので小松教習所にてミニユンボの講習(小型車両系建設機械 3トン未満)を

受講することにしました。

昨年の寒い12月のことです。




講習は座学と実技で2日間のコースになります。




教育テキスト1冊を1日で行いますのでかなりのハイペースで

授業は進みます。

でも興味がある内容なのでなぜかめっちゃ頭に入ります。(*^^*)

最後に筆記試験を受けて1日目は終了。





2日目は実技です。

この日は12月ということも有り風はとても冷たく屋外実習は

とても寒くて辛いものが有りました。


実習の間にはストーブで暖を取ります。



こいつが今回実習する3トンのミニユンボです。

案外大きい。↓

レバーがいっぱい有ってうまく動かせるかと不安です。

もちろん重機なんかには触ったこともありません。

でも丁寧に一から教えてくれますので初心者でも

大丈夫でした。




無事講習がおわり修了証を手にすることが出来ました。

なんかとても嬉しい。




さて年は変わって今年の3月。

いよいよミニユンボを2日間レンタルして

ブドウ畑の開拓開始です。

さじは投げられた。

やってみるだけです。




教習所で教えてもらったことを思い出しながら

作業していきます。

しかしユンボの運転(操縦?)面白すぎます。

なんか強くなったみたいで気持ちいいです。




木の根っこをバリバリと引き抜きます。




めっちゃ面白くて時間が経つのも忘れてもう夢中です。




木の根っこもすごいです。

とりあえず積み上げようっと。




根っこを引き抜いた後の畑のアフター↓




木を引き抜いた後は排土板を使ってなるべく平らに整地します。




そしてその後無事ぶどうの苗を植えけることが出来ました。




ぶどうの苗を植えたあとはブドウ棚の製作にはいりました。

ブドウ棚の製作についてはまた別の機会に。


下の写真は9月17日時点でのぶどうの木の様子です。

まだまだ小さいですが来年は少しだけ

実をつけさせてみようと思います。




ところでユンボの面白さを知ってしまい、

めっちゃ欲しくなり農作業にも使えるやろと、ついに0.5tクラスの

めっちゃ小さいミニユンボを手に入れてしまいました。^^;

年式はもちろん古いです。


ところでユンボは一家に一台必要か。?

て言う問いにizuyanは必要と答えます。

こいつがあればもうスコップは必要無いしもう穴掘りで腰を痛める

心配もありませんしね。ははは。

(*^^*)



手に入れたミニユンボ↓



だけど外見は動くのか?というぐらいボロボロ。

もちろん承知の上で買ったので文句はありません。

こいつを綺麗に整備するのも絶対に楽しいはずです。

というわけでこの夏はこのユンボのレストアをしていて

あんまり鮎釣りに行けなかったのが少し残念でした。

せっかくなので忘備録のため動画?にまとめました。





      



メンテナンスが一応?完成したミニユンボ

クボタKX-005  ↓




重い石を運んだり、木の根っこを引き抜いたり大活躍!




サクっと土も掘れるしもう最高!!

みんな欲しがる大人のおもちゃですね。




これからすこしずつ荒れた土地の整備を

コイツでやっていきます。

できることは自分でメンテナンスしながら

大事に使っていこうと思います。


by.izuyan

コメント

_ オバクロ ― 2022年09月24日 08時29分

おはようございます。オバクロです。

やりましたね👍ユンボまで購入とは^_^仕事が増えますね(笑)

塗装されたんですか⁉️外観が綺麗ですが⁉️

izuyan農園が出来ますね^_^

アユ釣りに行きたいのですが、増水のため暫く無理みたいです。残念‼️

エギングは、草刈りが終われば愛媛遠征したいです。

その時はよろしくお願いします。

_ izuyan ― 2022年09月24日 08時54分

オバクロさんこんにちわ~

塗装は面倒くさかったのでサビをできるだけ落とし

サビの上から塗れるという塗料で塗装しました。^^;

オバクロさんが塗れば仕事が丁寧なんでもっと綺麗に

なったかも・・・。(*^^*)

塗装して綺麗になったら泥まみれにするのが嫌で

しばらく使わずに置いていました。(笑)

鮎は天気良くても増水があるので釣行は予定どおりに

行きませんね。

草刈りは熱中症にならないように十分休んで

水分の補給をしっかりと忘れないようにね。

エギングは時間が合えばもちろんお供いたします。^^;

ではいまからizuyan農園に行ってきます。(笑)

_ M ― 2022年09月24日 09時33分

izuyanさん

おはようございます。

壮大なプロジェクトの記録です。
自由な時間が出来た時に、こんなに打込むことが出来る土地を残してくれた御先祖様に感謝しないとですね。
それにしても、思い立ったら即行動するizuyanさんの飽くなき探究心に感服です。

資格取得、ユンボ購入とレストア、棚の資材購入を考えると、一房数万円の高級葡萄になりそうですね。
有り難くいただきます。(勝手に貰えるものと思っています。)
烏賊釣りもそうですが、趣味と実益を兼ねてとは、なかなかいかないですね。

ボロボロだったユンボが、見違えるほど綺麗になってますね。
izuyanさんの技術力の高さと、ステッカーまで作ってしまうこだわりに驚きです。
今直ぐにでも『なんでも屋』を始められるのでは?
田舎では、草刈り、整地の依頼が多いのではないかと思われますが、ハンマーナイフモア、ユンボを筆頭に、多数の大人のおもちゃ(怪しいネーミングですが)を手に入れたizuyanさんは鬼に金棒ではないでしょうか?

_ ポテ☆ ― 2022年09月24日 14時08分

4月から10月にかけて公園の草刈りをやるのですが、刈っても刈ってもなので、雑草が生い茂ってる斜面から春は、菜の花、秋は、コスモスなどが咲いたらいいだろうなぁ~~~??などと思う今日この頃です。

ユンボとか使って一度掘り返したら違いが出てくるもんでしょうか??

いい方法があったら教えてください。

_ izuyan ― 2022年09月25日 05時54分

Mさんおはようございます~。

確かに農家に生まれて少しだけど土地があることに

御先祖様に感謝ですね。

まあ、興味優先なんで費用対効果を考えると壮大な

無駄使いなんですがそれは趣味の釣りにも似ているところも

ありますね。

ぶどうの木は小さくてまだまだ試行錯誤中ですが手間暇かかる

可愛いところもあり今後の成長が楽しみです。

ぶどうは枯れなければ4年後を楽しみにしておいてください。

何でも屋?面白そうですが、依頼する人なんているのかな?

自分の趣味?を少しでも收入に結び付けられたら

最高なんですけどね。(*^^*)

_ izuyan ― 2022年09月25日 06時05分

ポテ☆さんおはようございます。

暑いのに公園の草刈りご苦労さまです。

草って雨が降ると刈っても刈ってもまたどんどん生えてくるので

キリがないし嫌になりますよね。

ユンボで土を掘り返してもダメですが花が生えてくるポイントは種です。

一度コスモスや菜の花などの花を植えてみたらどうでしょうか?

そうすれば種が落ちてまた来年勝手に生えてきます。

ただ雑草と一緒に花も生えてきたら一緒に刈ってしまう可能性は

ありますけど。^^;

_ ハムストリング入念にストレッチ ― 2022年09月25日 21時58分

毎度。
とうとうユンボまで導入ですか。
さすがです。まるで新車と変わらんじゃないですか。
izuyanのヤル気がうかがえます。m(_ _)m

後はやっぱり目指せ自給自足なのか・・・・・・・・。
なんとか半...自給自足くらいにもっていけたらサイコーなんだけどなぁ。

_ izuyan ― 2022年09月26日 13時01分

ハムストリング入念にストレッチさんこんにちわ~。

新車とまでは行きませんがサビを落として塗装したら

遠くから見ると案外綺麗でメンテナンス前とは見違えます。

そうですよ。お互い自給自足を目指しましょうよ。

今なら大根がいいのでは?

必要であれば開拓にはユンボ貸しますので‥(*^^*)

今日は畑に白菜の植え付けを行いました。

うまく育つといいな!!

_ kabe ― 2022年10月02日 02時35分

初めてコメントいたします。
昔からアオリイカ釣りに関する情報を求めては、このブログに行き着き、興味深く拝見していました。
今回は、無線式当たりセンサーを求めて、izuyanさんのブログに辿り着きました。izuyanさんの取り組みをリスペクトしています。
センサーを販売していただくことはできないでしょうか?
よろしくお願いします。

_ izuyan ― 2022年10月04日 06時34分

kabeさん はじめまして!

無線式アタリセンサーの製作依頼の件ですね。

送信機、受信機ともプリント基板の在庫はまだ有るので

時間をもらえれば対応は可能です。

詳細は別途メールにて連絡しますので

よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2022/09/23/9528200/tb