防水Li-ionバッテリ式エアポンプの製作2017年05月27日 22時13分

まもなく田植えの季節です。

楽しかったヤエンの季節も終盤間近になり寂しい限りです。

ところで以前自作したLi-ionバッテリ式のエアポンプ

ちょっと前の釣行で壊れてしまいました。(´;ω;`)




原因は水が入らないように改良したつもりの

エア吸入パイプから移送中に、オーバーフローした

海水を吸い込んでポンプが止まり中の基板や

バッテリが壊れたようです。(泣)




エアポンプをバラしてみるとバッテリや

基板は水洗いや度重なる海水の侵入で

あちこち錆びてボロボロになっていました。

さすがにこの状態になると復活は厳しいので

防水Li-ionバッテリ式のエアポンプを新しく

自作することにしました。

まずは製作するエアポンプのスペックを考えます。


エアポンプ仕様

・防水ケースに入れて完全密閉式とすること。

・Li-ionバッテリ式とすること。

・Li-ionバッテリは18650として将来交換できること。

・充電はケースを開けなくてもできるようにして

 USB電源で充電する。

・信頼性を考慮してポンプ本体はロータリー式とする。

・エアポンプの大きさは現状の弁当箱と

 同等にすること。


今まではエアポンプケースに弁当箱を使っていました。

ワンタッチで蓋がはずれるという利点があり蓋には

パッキンがありますが防水性という意味では

いまひとつの感じです。

なので今回ケースとしてタカチの防水ボックス(IP67)

WP11-15-4」を使いました。


・防水ケース:タカチ WP11-15-4



IEC60529 IP67の防水ボックスです。

IP67とは保護特性記号で

第1記号 人体固形物による保護等級(0~6)
    
       6: 耐塵型 粉塵が内部に侵入しない。

第2記号 水の侵入に伴う保護等級(0~8)
    
       7: 防浸型 深さ1Mに30分水没させ水が侵入しない
          
         
・ポンプ本体

ポンプ本体は信頼性を考慮してロータリーポンプで

決まりです。


Amazonで1150円で購入しましたがしばらくして

売り切れました。



ところが違う店では同じポンプがなんと

14926円~27677円で売っています。↓

海外通販で買っても800円くらいなのに

一桁違う!うそやろ(笑)




究極のアジカンを作ろうとポンプ類を集めていたら

いろいろ集まりました。(もうビョーキやな(笑))




・Li-ionバッテリ

これはスマホ用の市販バッテリで決まりです。

充放電保護機能がしっかりしている上にバラバラで

18650のバッテリを買うより安いです。


『エアポンプ製作編』にはいります。

さてまずはバッテリです。

信頼のバッテリーANKERを採用しました。

Anker PowerCore 13000

 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) 




このままでは残念ながらケースに入らないので

惜しげもなくバラバラします。^^;

(自己責任で分解しています。良い子のみなさんは

危険ですので絶対に分解しないように!。)




制御基板とバッテリを分離します。

ショートなど大変危険ですので

真似は絶対しないでください。☆彡

中には18650が4本並列接続されていますが

これをバラバラにバラします。




タカチの防水ケースを加工していきます。

パッキンが入っている6箇所のネジ止め式の

ケースです。




蓋の部分にバッテリ制御基板の充放電モニタ用の

LED4個がモニタできるように穴を開けます。

このLEDが外部から見えないとバッテリの状態が

わからないので全く使いものになりません。(*´ω`*)




基板を仮り配置してパネル面から見た状態です。

お!いい感じです。(*^^*)




充電用のコネクタの穴や電源スイッチの

必要最小限の穴を開けていきます。




ポンプ上部の電源スイッチの穴です。

丸穴は簡単ですが四角穴は加工が面倒です。




ところでポンプを完全密閉にしたらエアをどこからか

吸入しない限りポンプからエアは排出されません。

空気取り入れ口を開けるとそこから水が

ケース内に侵入してくる恐れがあります。

前回はそれで失敗しました。

ははは(泣)

空気は通すけど水は通さないものはないのか?

なぞなぞです。

有りました!(*^^*) → 動画です。


しかし個人で入手は難しそうだったので

何か他に使えそうなものはないかと探しました。

さてこれが今回最大の武器?

プロテクティブベント PMF-12HAS です。




筐体内の圧力変動調整・通気対策品で

通気性があり水やホコリを通さないメンブレンフィルターに

より筐体内の圧力変動を調整することができます。

と記載があります。

現物をみると空気流量 4000ml/分(差圧70mbar)

保護等級IP68(水深2M/1h)とあります。

(カタログではなぜか2000ml/分(差圧70mbar)

市販品のポンプの送風量は強でも約2L/分ぐらいなので

空気流量は大丈夫でしょう。


市販のエアポンプもエア吸込口にフィルタが

あるのでたぶん空気は通すけど水を吸い込まないような

防水フィルタ構造になっているものと思われます。(^o^)




さてここから電気回路の組立にはいっていきます。




今回はバッテリケースを内蔵して

将来バッテリ(18650)を

交換できる構造としました。




詳しいことは省きますがモータ制御回路は

前回も使ったTEXAS INSTUMENTS社製の

低圧モータドライバモジュール DRV8832

を使うことにして穴開き基板に組み込みました。




エア吸入口と電源用防水コネクタの

裏面の写真です。




電源スイッチとLO-Hiのエア切換スイッチを残して

ほぼ完成です。

LO側ではモータの回転数は固定ですがHi側では

基板にモータ回転数調整用のVRを

内蔵していますのでモータの回転数を

低速~高速まで自由に設定できます。




各スイッチには防水キャップをつけて

シリコーンシーラントで防水します。




家にあったコーキング材の

シリコーン・シーラントです。

バスコークよりコスパがいいです。(*^^*)




電源スイッチをつけてましたが、あとで

水が入ってこないように内部からも

コーキングします。




ポンプ本体を接続してとりあえず完成です。

出来た!!

( ̄ー ̄)ニヤリ。




絶縁用のゴムをバッテリにかぶせて蓋をします。




念の為防水パッキンには防水用にシリコングリスを

塗っておきます。




完成した写真です。

正面から・・・。

何も無いと寂しいので同好会のステッカーを

貼りました。^^;




右側面




裏面




充電する時は防水コネクタから専用ケーブルを

使って充電します。

充電中はポンプは自動的に停止します。




ハピソンのエアポンプとくらべてみました。

縦は同じくらいですが横幅がちょっと大きいです。

電池込で比べたところ重さは約80gぐらい重いです。




動画です。





アジカンに取り付けてみました。

市販品のポンプには無い存在感です。

かっこいい!(自画自賛)




しかしはっきり言って部品代と自作する手間を考えたら

エアポンプなんか買った方が遥かに安いけどね ^^;

ははは・・・。

by.izuyan


久しぶりに・・・。2017年05月21日 12時12分

週末午後にしばらく行ってなかった明浜の

ホームグラウンドに久しぶりに出撃してきました。

空は青くてめちゃくちゃいい天気です。

いつものように高速を南に走らせます。




途中でアジを売ってる釣具屋さんに寄って

一匹120円のアジを仕入れます。

そこの看板をよくみると”アジ有ります”の看板に

小さい変なシンボルマークが・・・。

ajidesu アジデス アジです !!

なんとアジが三匹泳いでいる図柄になっています。(笑)




本家マーク(参考)↓



ajidesu ブランド (笑)

最高のネーミングセンスですが

商標登録的には大丈夫なんかなあ~?

なんていらん心配します。

^^;

さて、アジを確保したら なかやnと待ち合わせている

ポイントに急行します。




車からみた道中の空と海はスカイブルーで

とても綺麗です。




なかやn情報で自分のHGとは別の場所で一週間前には

釣れてたというマル秘ポイントに行く予定だったのですが

寄ってみた所、ゴミが多くて釣りにならないということで

急遽場所変更していつもの明浜のHGにしました。

ここでの爆釣を期待してヤエンによるバトル開始です。




きょうの別の目的は「愛媛ヤエン釣り同好会」のメンバー

なかやnに量産化プロジェクトで出来上がっている

無線式アタリセンサーを渡すことです。

これで無線式アタリセンサーの製作を頼まれていた

全ての方にお渡しすることができてほっとしました。

(*^^*)




ところで なかやnとは正月以来です。

ホントに久しぶりに会ったのでヤエン談義で

盛り上がりました。(^^)

アジカンにスキマーをつけることは

今では多くのヤエン師達の常識になっていますが

初めてプロテインスキマーをアジカンに

応用することを考えた画期的なヤエン師は

実はこの『なかやn』です。(^o^)

しかしヤエン界の歴史を作るって

すごいですね・・。(*^^*)

izuyanがなかやnのスキマーを紹介した記事が

2010年ですがもうあれから7年かあ・・。

月日が経つのはホントに早いですね・・。




ところで無線式アラームの使い方を

簡単に説明してすぐに竿にセットして

実釣開始です。




アタリセンサーですがとても嬉しそうに

喜んでくれて良かった。

末永く大事に使ってね。(*^^*)




なかやnは地元なので家に食事に帰っている間、

izuyanにやっと待望のアタリがありました。




今日は長潮で今は潮が引いているので

1人で苦戦しながらも小さいけど時間をかけて

貴重ばアオリイカをGET!

とりあえず1杯釣れて良かった。(^^)




しばらくして なかやnのアタリセンサーが

鳴りました。

帰る時、もしアタリがきたらヤエンを入れてもいいって

言ってたなあ・・。

でもこのリール(ハイパーホース)は

バランスハンドルの左ハンドルです。

操作絶対無理・・。

すぐに戻ってきそうもなく仕方ないので

自分のリールのWハンドルを焦りながら取り付け

GETするべくさっそくバトルの開始です。

クイーンクイーン

結構大きいかも・・。




イカを調教してヤエン発射!

手応えはさっきの烏賊より全然大きいです。

しかし途中でふっと テンションが無くなり痛恨のバラシ!

あっちゃー釣れずにごめんね・・・。(泣)




その後はアタリが全く無く時間だけが無情に

過ぎていきます。

食事を終えて戻ってきたなかやnは11時前に

そろそろ納竿して帰るというので烏賊を

お土産にあげようとこのきれいな白いアジカンに

何気なく活イカを入れました。

あ!・・。




すると・・・・。

一瞬でこんな状態になりました。



これ  うそやろ・・・。

あちゃー!

ごめんなさい。

ホントに最低やなヤツだな・・・俺

m(_ _)m

^^;

そして残りのアジをもらったので明日の

朝マズメを狙うことにして車中泊。

お・や・す・み・な・さ・い。




朝4時前に起きて戦いに備えます。

アジはまだいっぱい残っています。




空を見上げると明るい三日月が・・。

釣りをしていると大自然の営みを肌で感じること

ができます。




朝マズメになっても何も起こりませんでした。




太陽が山から顔を出してきました。

今日も暑い日になりそうです。




もうこの場所に見切りをつけて昨日当初行く予定だった

ポイントに移動することにしました。

ゴミなんかたぶん無くなってるさ!(楽観的希望)




ラッキーなことに千切藻はありますが

なんとかヤエン出来そうです。

さっそくヤエンによるバトルを開始します。




しかし9時過ぎになりギラギラ灼熱の

太陽も昇ってきました。

TVニュースによると今日は熱中症に気をつけないと

いけないと朝しきりにアナウンスしていました。

暑い・・。

もう無理。

日中ヤエンなんか絶対無理です。




どうせ日中なんかアタリはないだろうと

無線式アタリセンサーを竿につけて車で昼寝を

決め込みました。




ダッシュボードに受信機を置いて

エアコン全開でTVを見ながら昼寝(朝寝)です。

これがあると楽ちんヤエンだなあ・・。




昼11時前、車の中でウトウトしかけたその時

アラームが車内に鳴り響きます。

どうせアジが元気なだけで誤動作だろうなと

思いながら一応竿で聞いてみると・・・。

いる。いるぞ。

( ̄ー ̄)ニヤリ




ここは慎重に時間をかけてやり取りし、

広島のオバマさんに作って送って頂いた

自作のARBローラヤエンを発射。




やった!

後で量ってみると約1.5kでした。

なんか最近釣れてなかったので

メッチャ嬉しいです。

このポイント烏賊いる・・。

場所移動して良かったな・・。




そしてアタリがない時間帯が過ぎ

夕方4時頃やっとアタリがありました。

ところがラインが藻に絡んでいます。

藻の後ろにはアオリイカが付いてきています。




なんとかラインを藻から外そうと竿を操作しますが

全然絡んでいて外れません。

藻の近くまで浮いて来てもすぐにジェット噴射で海中深く

潜ります。

LINEでなかやnをすぐに来てと呼びます。

烏賊を弱らせて近くまで引き寄せ藻をギャフで

外す作戦しかありません。

しかし なかやn なかなかこないです。

(´;ω;`)

仕方ないので作戦変更です。

こうなったら藻があるけどヤエンを入れて藻の下から

掛けちゃえ!

無謀とも思えるこの作戦を実戦しました。

できるだけ烏賊の体力を奪い海面ギリギリまで

浮かせます。

そこでヤエン投入!

海面まで烏賊を浮かせている途中

烏賊がアジを離さなかったのが奇跡です。

やった!








跳ね上げ式ヤエンは藻をものとせずに

烏賊のゲソの部分にガッチリと掛かっていました。

(*^^*)




アジを見て見ると残ったのはほぼ尻尾のみ。

あとすこしヤエンを入れるタイミングが遅かったら

バイバイでした。




そのあとなかやn やっと当着しまししたが・・・。

遅いわ・・。(笑)

しばらくしてまたヤエンにアタリがありました。

この烏賊はせっかく来てくれたお礼に

なかやnにプレゼントしました。(^^)




なぜかこの烏賊、尻尾の方から

食べていました。




なかやnも帰り夜8時頃に再度アタリがありました。

浮いてきた烏賊をよく見るとヤエンが

ゲソ一本に掛かっています。

これも慎重に時間をかけてギャフを入れました。

やったー! 通算5杯目GET!




ゲソの部分にしっかりとヤエンの針が絡むように

掛かっています。

こうなるとゲソ一本でもなかなか外れませんネ。

\(^o^)/




キロオーバサイズです。




今日の釣果です。(*´ω`*)

izuyan 持ち帰り分のみ。↓




今回の釣行は久しぶりにヤエンが堪能できて

満足の行く結果でした。

ヤエン最高!

by.izuyan