遠征ヤエンの結果は?2017年02月27日 05時18分

土曜日から日曜日にかけて久しぶりにヤエンに行ってきました。

土曜日の朝はユーミンのコンサートのネットでの

チケット販売が朝10時からあり頼まれていたので

頑張ってみます。

10時になると同時にローチケのサイトでクリック!




ローチケHMVの会員番号を入れるところまではなんとか

いったのですがその後が繋がらず・・。

あっけなく3分程で予定販売終了・・・。

ははは・・。あえなく撃沈!

やはり ADSL環境では無理だったのか?(笑)




涙ながらに愛車に乗って南に向かいます。

今日はお泊り予定なのでベットも積んでいます。

しかしヤエン釣りは荷物が多いですね。





同好会メンバーのyamaさんとジャンプで待ち合わせ

南に向かいます。

今日は天気が良さそうですが風が強そうです。




途中でアジを仕入れます。

へたれなizuyanはアジを分割して運びます。




この間作った網スキマーの試作機を

ちょっとだけ改良しました。

上部にアクリルを入れて移送中に上部から泡が

漏れるのを防いでいます。




もうひとつはなにも仕掛けがないクーラーで移送します。




yamaさんもアジカンスキマーシステムを

まったく別物に変更してきていました。

中身はお見せできませんがアジ缶の試験結果も

バッチリでこれでアジ30匹移送は

問題ないと自信たっぷりです。^^;




ヤマカン yama缶アジモニターシステムも

健在です。




ドライビングレコーダ装置をアジカンにセットします。

電源はスマホのリチウムイオン電池です。




WiFiでアジカンの映像を車内LCDモニタに

写す仕組みです。




見てください驚きの車内!!

LCDモニタが雛飾りのように3段に配置されています。

すごいわこれ!(笑)

一番手前が8000円のアジカンモニタになります。




izuyanも久しぶりにアジカンモニタシステムの

電源を入れます。

緑と白のアジカンライト入れているので

水族館みたいで綺麗です。




泡ができると泡でアジが映らなくなるので

水質チェックにもなります。




とりあえず南に向かってGO!




ここで一休み。

昼ごはんを食べて出発です。




事前にユーミンのコンサートチケットの事を

話してあったのでyamaさんがCDを持ってきてくれました。

ありがとう!(*^^*)

これをBGMに聞きながら南にドライブです。




現地についてなぜか人もいなくて狙っていたポイントに

すんなり入れました。

ただ風は結構ありますができない風ではありません。

さっそくアジカンを見てみます。

まずが普通のアジカンから。




まあ当然ですが泡だらけです。




網スキマーの試作機。

お!いいじゃん!



ただ欠点も・・。

それは水替えする時、ジャボンと水を入れると

泡タンク?の方から泡がきれいな水の方に網を超えて

逆流してくるのです。

泡が貯まる上部の方は網目をやめたほうが良さそうです。




yamaさんに頼まれていた無線式アラームを

渡しました。大事に使ってね。(*^^*)




アジカンの話しばかりでイカの話しは?

というお叱りをうけそうですが・・。

いいところに気が付きましたね。(笑)

そうです。

イカは釣れません。

昼間も 夕方も そして夜になっても・・。

ふたりともアタリさえ無く・・。




アタリ?といえば

yamaさんの竿に居食いらしき

これだけです。↓




心が折れて早めに寝ます。




朝3時半に起きてなんとか1杯ぐらいは釣ろうとがんばります。

アジカンを恐る恐るあけてみます。




お!

大丈夫です。




朝4時になってもアタリはありません。




水温は高知県らしく16°あるんですけどね~。




yamaさんが待望のアオリイカを

釣りました。

ウキで!^^;

しかしちっちゃい。(笑)

でもアタリが有ってうらやましい。




yamaさんの知り合いの地元のイカ釣り師の

方がやってこられました。

このあたりで毎日イカ釣りをやっておられそうですが(゚д゚)!

そのベテランの方でさえも昨日はアタリが一回も無く

ここ数日は全くダメだそうです。(涙)




朝日が昇ってきました。




とりあえずイカの写真が無いので

ヤエン竿の写真を・・。




12時ぴったりに一回もアタリが無く

一回もヤエンを入れること無く納竿としました。




帰りもユーミンの曲を聞きいて泣きながら帰りました。

♪you don't have to worry.wory 

守ってあげたい♪あなたを苦しめる全てのことから・・。♫

久しぶりの◯ーズにメッチャ落ち込んでいるizuyanを

ユーミンの曲は優しく慰めてくれました。^^;

by.izuyan

無線式アタリセンサーの量産化プロジェクト(その5)2017年02月21日 20時24分

量産化プロジェクトの5回目です。

1月25日に受信機用のプリント基板を発注してから

やっと2月17日(金)に物が中国から届きました。(*^^*)

春節やトラブルもあったので発注から受け取るのに

なんと23日もかかってしまいました。^^;




さて受信機のプリント基板は

うまく出来ているでしょうか?

ワクワクしながら開封します。





表面です。

今回は基板の厚みを1.6mmにしたので

ペラペラしてなくて頑丈そうです。




裏面です。




シルクも綺麗に入っています。

後から追加した天使のマークもバッチリ・・・・(笑)




表面側にはシルクでなく銅箔でいれちゃいました。

緑のレジストで隠れていますが銅箔なんですよ・・。




へへへ・・・。

ホントに自己満足だけだな・・。

( ̄ー ̄)ニヤリ

さっそくケースに入れてみました。

CADで設計しているのでバッチリ合いますが

一つ残念なことが・・。




それはプリント基板の4隅に開いている基板固定用の

丸穴のサイズを間違えちゃったんです。

ホントはM3のビスを使うのでΦ3.2が正解だったんですが

間違えてΦ2.5の穴で発注してしまいました。(涙)

仕方ないので開け直しを行いました。




最初に圧電ブザー回路から作っていきます。




圧電ブザー回路を組み立てた時点でブザーが上手く

鳴ることを仮配線して動作確認しておきます。

ところで最初は圧電ブザーの音量調整用VRを

受信機内部の半固定抵抗器で行う予定でしたが

いちいちフタを開けてドライバで調整するのは

面倒なのでケース表面から指つまんで

音量調整出来るように設計を変更しました。




半固定抵抗器の型式を変えてを基板の反対側に

つけました。

しかしここで困ったことがおこりました。

半固定抵抗器を反対側に付けたので動作が逆になりました。

通常は時計方向(CW側)に回すと音は大きくなるのが

一般的ですが逆方向に付けたので音が小さくなります。

パターンを切った貼ったして変更しようかと思いましたが

パターン的に面倒だったのでこのままとしました。

そんなに回すもんでもないしコレでいいでしょ^^;




アタリが有ったときに光るLEDとボリューム用の丸穴を

CADデータをプリントしてケースに貼り付けて

その穴位置を元にポンチで目印を付けていきます。




ボール盤はやはりあると便利です。

まずは赤い3mmLED用の丸穴を開けます。




続いてボリューム(半固定抵抗器)用の5.5Φの

丸穴も開けます。




電池ケース側の基板取り付けようのネジ穴が

干渉してジャマだったのでドリルで削りました。




大きめのドリルでサグリをいれると

綺麗に取れます。




圧電ブザーを両面テープで固定します。




これが組み上がった受信機のプリント基板です。




LEDを挟み込んでちょうどいい位置で半田付けを

行いLEDを固定します。




マッチ棒アンテナを取り付け周辺機器の接続を行い

電池ボックスからのコネクタを差し込んで完成です。

\(^o^)/

わ~い \(^o^)/




前に作った穴あきプリント基板の受信機に比べて

格段にスッキリしました。(*^^*)




後はひたすら量産します。(笑)

慣れてくると製作のコツも解りこちらは

基板のピンのピッチも大きいので送信機にくらべて

製作は楽勝です。




ケースの表面にはお遊びでイカのシールを

付けてみました。

アタリがあるとイカの目の位置にあるLEDが

赤く光る仕組みです。




愛媛ヤエン釣り同好会のシールを表面ケースには

張りました。

シールは簡単に剥がれますので不要な方は

遠慮なく剥がしてください。 ^^;





今年最初からこのプロジェクトを初めて

ここまでやっとたどりつきました・・。





とりあえず当初目標の5セット分完成しました。




次回このプロジェクトの最終回は検証とまとめです。

しかし5台作るのがこんなに疲れるものとは・・。ははは。

深夜残業でノルマ 1日1台 ^^;

by.izuyan