激渋ヤエン22016年05月21日 10時43分

金曜日の昼過ぎからちょっと時間が有ったので

先週の仇を捕るべく出撃してみました。

今回のヤエンをする場所は少し北のポイントです。

今日は大潮で昼過ぎは干潮の時間帯です。




さっそくヤエンによるバトルの開始です。




アジを投げ込むとすぐに藻に潜ります。

藻に潜ると藻にひかかり無理に引き上げるとアジが弱ります。

手持ち釣法だと良さそうなんですがそれはちょっと面倒

くさいですね。




そうしているうちにアタリがありましたが

なんと痛恨のギャフ掛け失敗!

針のかかりが浅かったようです。

おかしいな。(涙目)

がっかりして気落ちしていると次のアタリが・・・。

しかしラインが流れ藻に絡んでいます。

竿をあおってなんとか気合でラインから

藻を外してヤエン投入!。

なんとか○うず逃れの1杯は釣れました。^^;




しかし次のアタリは居食いされていたらしく

しっぽだけに・・。




その後時合いが無いまま無く暗くなって

月が登ってきました。

夜のムーンパワーに期待します。




しかし藻の執拗なカラミ攻撃によってヤエン部隊の

兵隊アジが次々にやられていきます。^^;




アカン!・・・。

このままではヤエン部隊が全滅だ!

こうなったら藻の上近くをアジが泳ぐように

ギリギリにセットした特殊潜行ウキ部隊で勝負だ!!

アオリイカを釣るためには手段を選ばないもんね!

へへへ (^^)




そしてしばらくして何気なく海に目をやると・・・。

ウキが無い・・・沈んでいるぞ。

きたか・・・。きたみたい。

きたんじゃないかな?

竿で聞いてみると重い・・・。

軽く煽るとイカ特有の逆噴射が伝わり・・

あわせを入れる。

ゆっくりと引き寄せたとき強力な逆噴射があり

やばいと思い瞬時にリアドラグを緩める。

あ!

軽いぞ!

あれ?バイバイしてんじゃん!((泣))




がーん

完璧にスランプだなあ・・。

4打数1安打!

今日も1杯の激渋ヤエンでした。

もう5月も終わりかけて・・。

そろそろ田植えの季節。

自分にとって春イカはもうそろそろ

終わりなのかなあ・・・。

by.izuyan

激渋ヤエン12016年05月14日 10時34分

5月中旬になり、愛媛ではヤエン釣りも最終章・・。

新しい玉ノ柄を使いたくて高速を

愛車のフォーミュラーでかっ飛ばします。^^;




まあ、今日は都合により軽トラなんですけどね・・・。




目的の途中で良さそうな地磯を見つけました。




とりあえずエギングで様子を探ります。

何も反応ないなあ・・・。




久しぶりにホームグラウンドにやって来ました。

釣れていないのか誰も居ません。

さっそくヤエンによるバトル開始です。




スキマーは日帰り予定なので未実装です。




久しぶりに根魚を狙っているとガツンとすごい引きが

ありました。

お!デカイ・・。!\(^o^)/




今日の昼食は家から持ってきた弁当です。

もちろん自分で作りました。(笑)




今日は快晴。

灼熱の太陽がギラギラと肌を焼きます。

太陽が気力を奪っていきます。




根魚を狙ってると今度は小さなホゴが・・。

これは活かしてみようととアジカンに入れます。




イカのアタリは有りませんが

見えイカは結構泳いでいます。

大型のペアイカも見かけました。

居るのは確実なのになんでアタリが無いのかな?




昼過ぎになんとか1杯ゲット!

なんとか今年ヤエン釣行の

○ウズ無しの記録を伸ばせることができました。(^^)




新しいアイテムの日新の玉ノ柄をもちろん使ってみました。

右手一本でも軽くて腰があるので掛けやすいです。

高いだけの事はありますがやすい玉の柄とは雲泥の差で

たわまずメッチャいいです。

これははやく導入しておくべきでした。^^;




玉ノ柄を下に向けると気持ちよくスルスルと

自重で伸びて行きます。

今までの玉網みたいに予め伸ばせておく

必要はありません。(^^♪




今日は切れ藻が多く時間帯によっては潮の流れも影響で

ヤエン大敵の切れ藻が大量に流れてきます。

ああこれジャマだなあ・・。




昼間から釣れるわけは無いと思いながら

アジングをしてみました。




なんと釣れた!!

立派なヒラアジです。

\(^o^)/

この波止にはサビキ釣りをやっている人もいました。

聞いてみると時間帯によってはアジは釣れるんですが

殆どマルアジばかりでヒラアジはたまに

釣れるぐらいだそうです。




さて玉ノ柄ですがエギングで使っている

第一精工のギャフを付けてみました。




中のソリッドを(0.6m)を伸ばすと全長6.6mになるので

高い波止では長さの件で若干有利になります。




ただこの手のギャフより現在使っている

カツイチのギャフの方が絶対バラしにくいと思うので・・・・。

なんとかならんかなあ・・・。

あ! 閃いたぞ!

新しいの玉ノ柄改造(案)が・・(笑)




またアジングで大きいゼンゴが一匹釣れました。

アジフライに最適なサイズです。




しかしこの後はイカからの便りは無くここは釣れないと諦めて

場所を替えようと移動しましたが、疲れたので

残ったアジを放流すること無く自宅に帰りました。

---------------------------------------------

さて次の日の朝9時半頃、おそるおそる

アジカンを開けてみると・・・・

海水は濁っていましたが元気にアジは泳いでいました。





自分がアジングで釣ったアジ2匹は

大きかったので食べることにしました。

以前作った自作のアジ〆ピックを使って〆てみます。

どこに突き刺すんだっけ?

結構締めるのむずかしいな・・。




活かしておいたホゴもついでに・・。



今日は厳しい戦いだった。

でも今年ボはまだ無いからね・・・。^^;

by.izuyan