防水Li-ionバッテリ式エアポンプの製作2017年05月27日 22時13分

まもなく田植えの季節です。

楽しかったヤエンの季節も終盤間近になり寂しい限りです。

ところで以前自作したLi-ionバッテリ式のエアポンプ

ちょっと前の釣行で壊れてしまいました。(´;ω;`)




原因は水が入らないように改良したつもりの

エア吸入パイプから移送中に、オーバーフローした

海水を吸い込んでポンプが止まり中の基板や

バッテリが壊れたようです。(泣)




エアポンプをバラしてみるとバッテリや

基板は水洗いや度重なる海水の侵入で

あちこち錆びてボロボロになっていました。

さすがにこの状態になると復活は厳しいので

防水Li-ionバッテリ式のエアポンプを新しく

自作することにしました。

まずは製作するエアポンプのスペックを考えます。


エアポンプ仕様

・防水ケースに入れて完全密閉式とすること。

・Li-ionバッテリ式とすること。

・Li-ionバッテリは18650として将来交換できること。

・充電はケースを開けなくてもできるようにして

 USB電源で充電する。

・信頼性を考慮してポンプ本体はロータリー式とする。

・エアポンプの大きさは現状の弁当箱と

 同等にすること。


今まではエアポンプケースに弁当箱を使っていました。

ワンタッチで蓋がはずれるという利点があり蓋には

パッキンがありますが防水性という意味では

いまひとつの感じです。

なので今回ケースとしてタカチの防水ボックス(IP67)

WP11-15-4」を使いました。


・防水ケース:タカチ WP11-15-4



IEC60529 IP67の防水ボックスです。

IP67とは保護特性記号で

第1記号 人体固形物による保護等級(0~6)
    
       6: 耐塵型 粉塵が内部に侵入しない。

第2記号 水の侵入に伴う保護等級(0~8)
    
       7: 防浸型 深さ1Mに30分水没させ水が侵入しない
          
         
・ポンプ本体

ポンプ本体は信頼性を考慮してロータリーポンプで

決まりです。


Amazonで1150円で購入しましたがしばらくして

売り切れました。



ところが違う店では同じポンプがなんと

14926円~27677円で売っています。↓

海外通販で買っても800円くらいなのに

一桁違う!うそやろ(笑)




究極のアジカンを作ろうとポンプ類を集めていたら

いろいろ集まりました。(もうビョーキやな(笑))




・Li-ionバッテリ

これはスマホ用の市販バッテリで決まりです。

充放電保護機能がしっかりしている上にバラバラで

18650のバッテリを買うより安いです。


『エアポンプ製作編』にはいります。

さてまずはバッテリです。

信頼のバッテリーANKERを採用しました。

Anker PowerCore 13000

 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) 




このままでは残念ながらケースに入らないので

惜しげもなくバラバラします。^^;

(自己責任で分解しています。良い子のみなさんは

危険ですので絶対に分解しないように!。)




制御基板とバッテリを分離します。

ショートなど大変危険ですので

真似は絶対しないでください。☆彡

中には18650が4本並列接続されていますが

これをバラバラにバラします。




タカチの防水ケースを加工していきます。

パッキンが入っている6箇所のネジ止め式の

ケースです。




蓋の部分にバッテリ制御基板の充放電モニタ用の

LED4個がモニタできるように穴を開けます。

このLEDが外部から見えないとバッテリの状態が

わからないので全く使いものになりません。(*´ω`*)




基板を仮り配置してパネル面から見た状態です。

お!いい感じです。(*^^*)




充電用のコネクタの穴や電源スイッチの

必要最小限の穴を開けていきます。




ポンプ上部の電源スイッチの穴です。

丸穴は簡単ですが四角穴は加工が面倒です。




ところでポンプを完全密閉にしたらエアをどこからか

吸入しない限りポンプからエアは排出されません。

空気取り入れ口を開けるとそこから水が

ケース内に侵入してくる恐れがあります。

前回はそれで失敗しました。

ははは(泣)

空気は通すけど水は通さないものはないのか?

なぞなぞです。

有りました!(*^^*) → 動画です。


しかし個人で入手は難しそうだったので

何か他に使えそうなものはないかと探しました。

さてこれが今回最大の武器?

プロテクティブベント PMF-12HAS です。




筐体内の圧力変動調整・通気対策品で

通気性があり水やホコリを通さないメンブレンフィルターに

より筐体内の圧力変動を調整することができます。

と記載があります。

現物をみると空気流量 4000ml/分(差圧70mbar)

保護等級IP68(水深2M/1h)とあります。

(カタログではなぜか2000ml/分(差圧70mbar)

市販品のポンプの送風量は強でも約2L/分ぐらいなので

空気流量は大丈夫でしょう。


市販のエアポンプもエア吸込口にフィルタが

あるのでたぶん空気は通すけど水を吸い込まないような

防水フィルタ構造になっているものと思われます。(^o^)




さてここから電気回路の組立にはいっていきます。




今回はバッテリケースを内蔵して

将来バッテリ(18650)を

交換できる構造としました。




詳しいことは省きますがモータ制御回路は

前回も使ったTEXAS INSTUMENTS社製の

低圧モータドライバモジュール DRV8832

を使うことにして穴開き基板に組み込みました。




エア吸入口と電源用防水コネクタの

裏面の写真です。




電源スイッチとLO-Hiのエア切換スイッチを残して

ほぼ完成です。

LO側ではモータの回転数は固定ですがHi側では

基板にモータ回転数調整用のVRを

内蔵していますのでモータの回転数を

低速~高速まで自由に設定できます。




各スイッチには防水キャップをつけて

シリコーンシーラントで防水します。




家にあったコーキング材の

シリコーン・シーラントです。

バスコークよりコスパがいいです。(*^^*)




電源スイッチをつけてましたが、あとで

水が入ってこないように内部からも

コーキングします。




ポンプ本体を接続してとりあえず完成です。

出来た!!

( ̄ー ̄)ニヤリ。




絶縁用のゴムをバッテリにかぶせて蓋をします。




念の為防水パッキンには防水用にシリコングリスを

塗っておきます。




完成した写真です。

正面から・・・。

何も無いと寂しいので同好会のステッカーを

貼りました。^^;




右側面




裏面




充電する時は防水コネクタから専用ケーブルを

使って充電します。

充電中はポンプは自動的に停止します。




ハピソンのエアポンプとくらべてみました。

縦は同じくらいですが横幅がちょっと大きいです。

電池込で比べたところ重さは約80gぐらい重いです。




動画です。





アジカンに取り付けてみました。

市販品のポンプには無い存在感です。

かっこいい!(自画自賛)




しかしはっきり言って部品代と自作する手間を考えたら

エアポンプなんか買った方が遥かに安いけどね ^^;

ははは・・・。

by.izuyan


みかんの栽培と網目スキマー改造2017年04月02日 20時48分

愛媛県はみかん王国と呼ばれています。

収穫量はヤエンでもライバルである^^;

和歌山県についで第二位です。

izuyanちの果樹園?には八朔と甘夏柑の木がありますが

普通の「みかん」の木はありません。

そこで手でむいて簡単に食べられるみかんを

栽培して食べてみたいと前から思っていて

みかんの苗木をホームセンターで

2本買ってきました。

実がなるまでは結構長い話ですが。^^;




みかんの植え付けに適した時期は3月中旬から

4月中旬ということなので

今がいちばん良い時期です。

一本目に植えたのは定番中の定番

【温州(うんしゅう)】みかん

です。




2本目は

【宮川早生(みやがわわせ)】みかん

という品種です。

早生なので普通のみかんより

早く食べられそうです。(*^^*)




注意書きを軽く読んで

さっそく植えてみます。




穴をほって堆肥と肥料をやります。




そして苗をポットからだして

植え付けます。




苗木が乾燥しないように藁を敷き詰めて

マルチングします。

あとは枯れないように祈るばかりです。

はやく大きくなあれ・・。

みかん 早く食べたいなあ・・・。




続いてはアジカンの網目スキマー改造記事です。

今までの網目スキマーでは網戸の網を

木枠で押さえていました。(;^ω^)




このクーラの場合は網(あみ)を挟んだ木枠を

改造して短くした突っ張り棒で押さえていました。(笑)


もう1個のクーラはピッタリの木枠を作って

網を貼っていました。

これでは見栄えも悪いし取り外しもできないし

メンテンス性も悪いのでちょっと問題が有りそうです。




そこで実験用の木枠をやめてメンテナンス性を高めて

スタイリッシュにする改造を行ってみました。

◯村ジョイでアクリル板を見てみると




アクリル板はこれしか有りませんと

店員さんがキッパリ!(笑)

なんとここはサブロク板(3尺x6尺)の

サイズしかないそうです。^^;

業者向けだから仕方ないけど

こんなにデカイサイズはいらんがな・・・。☆彡

別のホームセンターで小売りの

アクリルサンデー買うか・・・。




別な店でアクリルをスライド挿入するガイドを

探します。

なかなか適当なものが有りませんが

適当に・・・・・ω・




さてアジカンの改造です。

まずはガイドを強力両面テープで貼り付けて

バスコーク(シリコーンシーラント)を塗って

海水でガイドが取れない用に防水保護対策

を行います。




クーラーは四角でないので型紙を作って

4辺のサイズを決めます。

隔壁分離板は正方形では無くて上が広くて下側が狭い

台形型です・・。




今までの網戸用の網は20メッシュ(1.03m角)

(1インチの中に何本糸が通るかという単位)

でしたが、泡漏れをさらに押さえるために

さらに細かい24メッシュ(0.84m角)の

網にしてみました。 (*^^*)




今回使う仕切り板は1.5mm板厚の

PET樹脂板(変性ポリエチレンテレフタレート)

を2枚使って網戸を挟む構造としました。




網目を挟んで四辺にコの字型のアルミ枠を入れて

4辺をガッチリと固定します。




出来た!!

この網目をストンとガイドに沿って

入れればOKです。

これで取り外しも簡単に出来るので

掃除も簡単です・・。




これで網目による仕切りが出来ました。

網を途中までにしたのは上から

泡が漏れ出す恐れが有ったからです。




上から見たところです。

網目の隔壁で海水と泡を分離するだけの

簡単な構造です。




泡を効率良く排出するためにアクリルの

上蓋を付けて泡が漏れないように

密閉構造としました。




金属のストッパを付けて蓋を固定します。

その後バスコークで今回は試験的に

密閉してみました。




とりあえずバーションアップした

網目スキマーの完成です。




網目による泡の分離は今までの実験では

かなりいい感じです。

泡は表面張力が小さいので付着性が高く網を越えられない

が空気を含んだ海水のみ表面張力が大きいので

網目を通り抜けられるとのではないか?

というのがそもそもの発想です。




プロトタイプ網目スキマー

はやくアジを泳がせてみたいな・・。(*^^*)

by.izuyan