玉ノ柄延長プロジェクト2016年05月28日 14時18分

新しく戦力を追加した日新の玉ノ柄は6mだけど

どうしても高い波止での引潮時にはもうちょっとだけ

長さが欲しくなる時があります。☆彡




そのため以前、『玉ノ柄エクステンション棒』という

1mの延長ジョイントを自作したこともありました。^^;




玉ノ柄を今回軽量化したのでももう少しかっこよく

延長したいな・・・。

今回は第一精工のキングギャフを参考に内部収納方式で

延長改造を計画しました。

魔界をぶらついていると玉ノ柄サイズの穴あきボルトを

見つけました。(ギャフのパーツなんですけどね・・。)




イカギャフ頭のみ(玉ノ柄取り付けタイプ)

という製品です。




ボルト部は貫通しています。




イカの重みによりスプリング機構が働き

ギャフの頭が常に下に向くという製品です。




SUS製の1/2インチのボルトも手に入れていますが

センターにまっすぐ精度良く穴を開けることは

ボール盤(家庭用)を使っても非常に困難です。




さて改造です。

先端のストッパ部を止めているステンの線を

ボルトクリッパーで切り飛ばします。




一度も使っていないのにバラバラにしちゃいました。

メーカさんゴメンナサイ。m(__)m




片方はスプリングを入れる為、8mm程度の穴が空いています。




反対側は狭いです・・・。




しかたないのでボール盤で穴を広げてみます。




さすがにSUS製なんでメッチャ硬いです。

煙が出てドリルの歯がすぐにダメになりました。(涙)




いろいろ調べた結果、SUSを開けるためには

低速回転がよく失敗したのはドリルの回転数が

速かったからのようです。

ブーリーの組み合わせを変えてモータの

回転数を低速にします。

ドリルの歯もSUS用のいいやつに交換。




スイッチON!

接触部に注油しながら慎重に押し当てていくと

キュルキュルと切り粉がでて綺麗に穴が開きました。

ボール盤とはいえ垂直にまっすぐの穴を開けることは

なかなか難しいです・・・。




さてギャフ部の軽量化を行います。

延長シャフトはΦ8mmぐらいになる予定なので

あまりギャフ部が重いと延長シャフト部に

負担がかかります。




ギャフ部の重さを量ってみました。

約106gです。




ついでに穴開きボルトの重さも・・・。

約29gです。

あまり長いと本体にねじ込むのに時間がかかるので^^;

このボルトもなるべく短く切り飛ばしちゃいましょう。




万力に固定してディスクグラインダで

ねじ山を短く切り飛ばします。

あとはヤスリがけして完成。





約97.8g

100gなんとか切りました。(約8gの軽量化)

微々たるもんですが軽量化には

この積み重ねが大事ですネ。☆彡




同様に穴あきボルトもカットします。




約24g

5gの軽量化です。




延長シャフトを何にするか、かなり悩みました。

悩んだすえ今回は柄杓の柄を使ってみます。

値段は800円ちょっとでした。

カーボン製なので軽量で丈夫だと思います。




なにせ4kgぐらいの荷重には

十分耐えてもらわんと困るもんね・・。^^;

長さは80cmです。




シャフトの外形8mm にあわせてボルトの穴をヤスリで

ぴったりになるように広げていきます。




シャフトの軸受けと玉枠用パイプの固定には

大きめの絶縁スペーサを使います。




玉枠用パイプは一番小さいものを

使いました。




玉枠用パイプは長いので1/3ほどカットして

絶縁スペーサはパイプの中にちょうど収まるように

スペーサの円周をヤスリで削りました。




だいたい隙間なくぴったりになりました。

絶縁スペーサの中心部もシャフトの径にあわせて

丸ヤスリでぴったりになるように削ります。




仮合わせでOKだったら

2液製のエポキシボンドで

シャフトとスペーサと玉枠用パイプを

しっかりと接着します。




上からも抜けないようにエポキシを

充填しておきます。




反対側は抜止め防止のステンレス線を巻いて

こちらも周囲をしっかりとエポキシで接着します。




一晩おいてカチカチになったら完成です。




普段は軽い6mで使うので必要なときだけシャフトを入れて

延長できるのがいいですね。(^o^)




ネジ部の拡大写真です。




シャフト部の重さはギャフ本体をのぞいて

約60gでした。




玉ノ柄本体に延長シャフトを収めるとこんな感じになります。

途中に蛍光チューブを入れていますので穴に入り

差し込むと抜けません。

六角ボルトではなく丸ネジなので

手でねじ込みやすいです。^_^




延長シャフトを目一杯伸ばすとこうなります。

手で力いっぱい投げて使うカーボン製の柄杓の

柄なんでコシと強度はある感じです。




さて近くの川に行って真横に一番伸ばした時、

どれくらいたわむか実験してみました。

ギャフを付けて真横に伸ばした写真です。




下向きにおろした写真です。

片手で十分操作できるかな・・・。




今まで使っていた延長棒(玉の柄エクステンション棒)との

比較です。




上が200gぐらいあったので今回は60gでちょっと短いけど

だいぶ軽量化できました。\(^o^)/

実は1mのソリッドシャフトも入手していますので

それを使った延長シャフトの製作はまた次回・・・・。

それなら最初から7mの玉ノ柄を買えよ!っていう

ツッコミは無しね。(^^♪

普通は軽い6mの玉ノ柄で十分なんだから・・。(笑)

by.izuyan

アジカンライト用LEDモジュールの製作2016年05月10日 21時36分

アジカンライトについては過去に

2回ブログ記事を書きました。^^;


今回はその続編になります。(^^)

釣り道具入れから昔買ったと思われる?

単三電池で緑色で点滅するライトが出てきました。

今ではちょっと見ることが出来ない?ような

おしゃれな緑色の本体です。




中を分解してみるとLM3909Nという点滅ICを使った

LED点滅回路でした。(詳しくはネットで調べてね)

点滅させてみるとちょっと暗いですね。




捨てるのがもったいないので分解して白色LEDを

使ったアジカンライトを製作してみることにしました。

今回は基板を分解してベース部分を流用します。




白色LEDは順方向電流(VF)は

約2.9V~3.6Vぐらいで点灯します。




なのでいつも使う充電式の1.2Vニッケル水素電池を

直接1個LEDにつなげても点灯しません。

ここでは秋月電子通商で売っていた電池1個で

白色LEDを点灯させる

昇圧型ドライバIC CL0117(4個で100円)を

使いました。

回路は簡単で付属のデータシートの通りに

作るだけです。




部品はこのICの他に47μHのマイクロインダクタ(コイル)

が必要です。




工作は面白いのであっという間に

出来ました。\(^o^)/




消費電流を測ると1.2Vで73mAでした。

電圧はデータシートの通りに0.8Vくらいから

十分明るく点灯します。




LEDの+側の昇圧された電圧波形を見てみると120kHzぐらいの

パルス電圧がかかっていました。




これは面白いやと調子にのって豆電球型の

ソケットを使ったLEDモジュールも作ってみました。

E10口金(@20円)に埋め込むと

豆球型のLEDモジュールが出来上がりです。

こうすると市販のアジカンライトにも使えます。




マイクロインダクタの値を変えることによって

昇圧電圧が変化するので明るさ(消費電流)を

押さえることも出来ます。




口金に埋め込む前に動作確認をしておきます。




電球口金にさし込んでリード線を

半田付けします。




隙間を埋めて固定するために2液性のエポキシボンドを

ソケット内に流し込んで一晩おきます。




わお!

出来た!

カッチカチに固まっていてばっちりです。

これでE10口金のLEDモジュールの完成です。




アジカンライト純正のLEDランプはすでに

故障していて今は1V~5Vで点灯する

アーテックの『低電圧LED電球』(@350円ぐらい)

を使っていました。↓

これはとても明るいんですが消費電流が1.2Vで約178mAぐらい

実測流れるんで電池の持ちがあまりよくありません。




そこで単三電池を2個使うタチウオ用の3色点滅集魚灯を

買って来て明るくて長時間使えるアジカンライトに

改造してみました。^^;




3色点滅LED部をバラします。




ベース部のみ利用しここにLD制御用ドライバと

マイクロインダクタを組込むことにします。




今回の改造は電圧がDC2.4V~3.0Vなので

入力電圧が0.8V~1.5V用のドライバIC

Cl01117は使えません。

なので入力電圧が0.8V~3.0V対応の

CL01116(4個で150円)を使います。

1番ピンは使わないのでカットしておきます。




あっという間に作って完成です。




単三電池一本のアジカンライトに比べて

右側の単三電池2本のアジカンライトは

やはり大きいです。(笑)




手持ちのいろいろなLEDとマイクロインダクタとの

組み合わせでいろんなLEDモジュールを作った

ので1.2Vでの消費電流を調べてみました。

消費電流が少ないほど若干明るさは暗くなりますが

電池が長持ちするのは言うまでもありません。

さてメインはどのLEDモジュール使おうかな?(笑)




緑色のLEDも作ってみました。(*^^*)




消費電流も少ないし綺麗なので

緑色のアジカンライトもいいもんですね。(*^^*)




アジカンライト全員集合!

\(^o^)/




自作したLEDモジュールはコスパいいです。!

部品代だけでいうと(送料等は除く)1個あたりの材料費は

・電球口金:@20円
・ドライバIC CL0117:@25円
・マイクロインダクタ:@10円
・白色LED:@25円

合計はなんと約100円を切るぐらいです。

でも・・・。

でも・・・・・。

でもね・・・・・。

こんなにいっぱい・・。

アジカンライトはいらんやろ~・・・。(笑)

by.izuyan