アユ竿がポッキン!(涙)2018年09月22日 08時35分


それはアユ竿を分解して水で洗って縁台で乾かしていた

時の事です。

朝、片付けようとした時に不注意でポキンと

折ってしまいました。(涙)

原因はサッシの下に入っていた事を知らずに

上に持ち上げたのです。(´;ω;`)




_| ̄|○ il||li

ガーン!

うっそ!・・・・。

この時、izuyanが受けたショックをお察しください。

アユ竿ですよ・・。鮎竿!

ポキンと折ったのは穂持ち下と呼ばれる穂先から

3番目の先端部分です。

オークションで安く^^; 買ったとは言え

元々はダイワの10万近い高級竿ですよ・・。




天の声が心の中で聞こえます。

アユ釣りやめますか?

それとも修理しますか?

なぜか新品買っちゃえ!

という声は聞こえませんでした。^^;

しばらくして答えました。

はい!自分で修理します。

・・・・・・。

いろいろ修理方法を悩んだけど

その夜、折れた渓流竿が有った事を

思い出しました。




これを切って折れた部分に被せて

強化しちゃえば修理できそう!

これなら竿を切らないのでアユ竿は

短くなりません。

被せるピッタリの寸法があればいいけど・・。

なんとか使えそうな部分が有りました。

まず、折れた部分に使わないエギング用のPEラインを

グルグル巻いて補強すると同時に、

補強用のカーボン内径に合わせて巻き数を調整します。




この方法は昔、タモの柄が折れた時に修理した

方法です。

izuyanはこれを 『スパイラルPE 補強方法』 と

呼んでいます。^^;

上から被せるカーボンロッドはディスクグラインダーで

適当な長さにカットします。

軽い!




このPEを巻き付けた糸にダイソーの

2液混合タイプのエポキシ系強力

接着剤を塗り込んでいきます。

エポキシは隙間充填剤としても使える

スグレモノです。




一晩おいておきます。

できた!




いい感じでカチカチに

固まっています。




スムーズに竿にしまえるように

段差をエポキシで充填して無くしているので

出し入れもスムースです。




おお・・・。

修理はいい感じだよん!

一部竿が太くなるのはまったく気にしません。☆彡




中に入れた竿がちょっとキツそうだったので

中をよく見たら割れた部分からエポキシが

内部に少しはみ出て固まっていました。




半丸ヤスリで慎重に内部を仕上げていきます。










なんとか修理完了です。




これでまだまだ使えそうです。




でも・・・。

ホントは人並な鮎竿が欲しくなってきていた

izuyanでした。

ははは・・。(*^^*)

来年は買うぞ~。(妄想)

なんちゃって。

by.izuyan