2024年 謹賀新年2024年01月01日 05時15分


izuyanブログの読者の皆様へ

新年あけましておめでとうございます。




今年もizuyanブログをよろしくお願いします。




izuyanブログは2005年から今流行りのブログを書こうと思い

「ブログ初めます」の1行だけ挨拶文章を書いたものの

実際は3年間何も書かず ^^;




2008年からエギングやヤエンなど自分が興味ある記事を

少しずつ書くようになりました。

そして気がつけば今年で17年目に突入・・・・。

こんなに続くとはもう自分でもびっくりです。


過去のアーカイブです。↓ ^^;



「チリも積もれば山となる」 の言葉どおり、去年までに

なんと1192本のブログ記事を書いていました。

途中でブログをやめられる方も多いのに

自分でも長く続けられたなあ!と、びっくりです。



そして時間の経つのは早いもので会社員時代は

あっという間に終わり、今はセカンドライフで

前からやりたかったぶどう栽培に挑戦中です。

3年前からすこしずつ整備したブドウ畑で、昨年秋に

少しですが初収穫を迎えることが出来ました。

わーーい (*^^*)


以下はブドウ栽培の忘備録です。
------------------------------------------------

2021年秋

元ブドウ畑で長年荒れ放題だったを少しずつ

開拓してブドウ畑を復活しようと決心します。

ここはもう畑ではなく、今は木の生えた雑木林です。




まずはぶどう棚に使っていた重い支柱をのけて

古い針金を取り除くことから始めました。




マキタの電動チェーンソーを購入して雑木を

伐採します。




木を切ったらメチャクチャ

スッキリしました。




ぶどうの栽培予定面積は20mx10mで2アールと小さいですが

わくわくします。




雑木の中で一番でかい木はコイツでした。

なんの木かわかりませんがジャマなので伐採します。↓



倒れた。



小松の教習所でユンボの資格を取り、3tのユンボを

重機屋さんからレンタルし木の根っこを引き抜いたりして

整地しました。




5種類のぶどうを植えました。




鉛筆のような太さの苗を2022年3月に5本植え付けました。




5月になると芽が出て、葉っぱが出て、

すくすくと成長します。




ぶどうは雨に当たると病気になりやすいので

簡易雨よけを作りました。

手前のシャインマスカット苗の雨除けは波板パネル

を使ったちょっと豪華版の作りです。




他の苗は適当な雨よけを竹とか木でビニールで囲んで

作りました。




2022年6月

遅ればせながらブドウ棚の製作に着手します。

材料は単管パイプとジョイントで少しずつ

軽トラでホームセンターから購入してきて作りました。




雨除けのメッシュを上部に取り付けてビニールを貼り

ぶどう園らしくなってきました。




7月~8月

暑い夏になりぶどうは強い日差しを浴びて

ぐんぐんと成長します。




2022年11月

寒くなるとぶどうの木は葉っぱを

落として木化して固くなり休眠します。

小さかったぶどうの苗木はここまで成長しました。




2023年4月

植えてから2年目の春

新芽を吹き出しました。




すこしたつとぶどうの赤ちゃんも出来てきました。




今年は2年目なので実を付けさせずに

木を大きくしたほうがいいのですが、

我慢できず、木に負担が無いように少しだけ

収穫してみることにしました。




ぶどうの花が咲いてきました。




花切り後、キャンベル・アーリー以外は

ジベレリン処理を2回して種無しにします。






ぶどうに袋を被せます。




シャインマスカットもいい感じで

大きく育ってきました。

まだ2年目なので15房だけならせます。




他の黒ブドウも大きくなってきました。




お盆時期はキャンベル・アーリーの初収穫。

子供の頃に食べていた懐かしい味です。



9月にはいるとピオーネや巨峰、シャインマスカットの

初収穫をしました。




袋に入れると立派にみえるから不思議です。




去年から地植えと平行してルートラップポットによる

シャインマスカットの根域制限栽培にも

チャレンジしています。




今年は2年目なので少しだけ収穫できる予定ですが

はてさてどうなることやら・・・。




今の時期は寒くなり葉っぱが散ってから仮剪定をした状態で

休眠しています。




新しい年になりました。

農業だけでなく大好きな釣りにも、もちろん行きますので

izuyanブログをこれからもよろしくお願いします。^^;

by.izuyan

iPhoneSE2 イヤースピーカ交換2023年11月30日 22時24分

最近 携帯電話iPhoneSE2のイヤースピーカが

壊れていることに気が付きました。

それは携帯に電話が掛かってきて

相手:「もしもし」,izuyan:「もしもし」

相手:「もしもし」,izuyan:「もしもし」 ・・・・・・・。

・・・・・ この会話が延々と繰り返されるのです。

なぜだ?(笑)

最初は相手の電話機が壊れているのかと思いましたが

スイッチをスピーカ側に切り替えると普通に会話できます。

そして気が付きました。

壊れてるのはizuyanの携帯の方じゃん。(;_;)

ネットで検索するとイヤースピーカ自体が壊れることはあまり無く

落として断線したり、水没でもしない限り滅多に無いとのこと。

でも音声出力がブルートゥースになってないことの確認や

再起動をしたり、iOSを最新にしてもこの状況は全く

改善されませんでした。(涙)

なのでこれは絶対ハードの故障だと確信し、

イヤースピーカを交換するしかないな!と思って

楽天でポチりました。(^^)




部品はメール便ですぐに届きました。

イヤースピーカはiPhone8と書いてありましたがiPhoneSE2と

同じ部品のようです。

青いシールは防水シールです。




何度かiPhoneのバッテリーや内蔵カメラを

自分で交換しているので分解キットは持っています。

また活躍の時が来ました。

ちょっと嬉しいかも^^;




iPhoneの分解、イヤースピーカ交換は

下記のサイトを参考にしました。

写真入りでめっちゃ詳しく書いています。

もう本当にめちゃくちゃありがたいサイトですね。(*^^*)



その中で





パソコンの前で写真みながら順番にやっていけば

器用な人ならたぶん大丈夫かな。?


最初ペンタロープネジを外して・・・。




ヒートガンで接着剤(防水シール)が離れやすいように

少し温めてから吸盤で両側を挟んでディスプレイを外します。

ここが最大の難関です。

少し開いたら隙間にプラスチックのピックを入れて

少しずつこじ開けます。




ここまでくると一安心です。




あとは手順に沿ってネジを外しケーブルを外していきます。




ネジは本当に小さいので無くさないように。




マニュアル通りにやれば分解できます。




ケーブルを外すと2つに分かれます。




問題のイヤースピーカはフロントカメラケーブルの

下にありました。




本当に手順通りにやれば出来ます。

\(^o^)/




これが故障している?と思われるイヤースピーカです。↓




ネットで購入したイヤースピーカと入れ替えます。




組み立てる前に周りに残っている防水シール(粘着ストリップ)の

残骸を剥がしますがこれがネバネバと粘着性が

あって拭き取るのに苦労しました。

本来ならばイソプロピルアルコールを使って

取り除くようです。




元のシールが剥がれたら新しい防水シールを貼ります。




周りの枠だけ粘着テープは貼り付きます。




組み立てる前にこの状態で動作確認をします。

動作確認したらディスプレイをはめ込んで

修理完了です。




動作確認は117の時報で行いました。

ちゃんと耳から聞こえる。

直ったよ~。




修理完了!

これでまたしばらく使えそうです。

携帯修理といっても部品を交換するだけですが、

ネジなどの部品がめちゃくちゃ小さいので

無くさないように緊張するし、壊れたらどうしようかと

精神的に疲れます。☆彡

でも楽しい。(笑)


自分でやる修理は保証外になるし自己責任で!。

そして修理の前にはパソコンで完全バックアップをお忘れなく。

自信の無い人は素直にショップに任せましょう。^^;

by.izuyan