渋柿100%2017年12月04日 21時04分

この間柚子を収穫していると近くの柿の木に

渋柿がいっぱいなっていることに気が付きました。

今年は当たり年なんでしょうか?




渋柿なのでいつもならスルーするところですが

柔らかくてジュクジュクしている柿があったので

これは美味しそう。

思わず柔らかいところを一口 ”ガブリ”

わ!甘い! 

渋柿だけど自然に熟れているのか。

二口目 ガブリ・・・。あれ? 

口の中は渋さとエグミが広がります。

ははは! 

だめだコレはやっぱり渋柿だ!

おもわず口の中から”ペッ”と

吐き出しました。^^;




しかしこの柿があまりにももったいなく思ったので

週末に1カゴだけ取ってきました。




この柿を吊るし柿にするかどうしようかなあ・・・。

ぼーとしながらスマホでポケ森やってると

なんとイカが釣れました。(*^^*)



・・・・・。

あ!俺はイカ釣り師だった。

渋柿なんて食っている場合じゃない(笑)

これは行くしかないでしょ!

気がついたら次の日の朝はやく起きて

海に向かっていました。

ははは・・。(笑)




5時前には海についてキャスト開始!

今日は天気が良い大潮!

風もなく期待大です。




朝寒いので自作のヒーターベストを

着てみました。

やっぱ!これ温かいわ。

( ̄ー ̄)ニヤリ

背中がポカポカします。




しかしアタリは無く

なんとか気合で一杯だけ。




9時まで粘るもイカの気配は無くショートエギング終了!

自分的には今シーズンのエギングは終了かな?

なんかちょっとさみしいけど・・。




天気は良くてきれいな海に自分の影が

ぼんやりと写っていました。

(*^^*)




さて帰って柿をどうにかしないといけません。

今回はネットで調べて焼酎で渋抜きを

やってみることにしました。

さっそく35度の果実酒用のホワイトリカーを

買ってきてヘタに焼酎を染み込ませます。




それを密閉したビニールに入れて

上からさらに焼酎を吹きかけて

渋抜き作業の完成です。

たぶんこれで大丈夫? ^^;




しかし焼酎で渋が抜けるなんて不思議です。

一体誰が考えたのかなあ?

先人の知恵はすごい!

はたして甘い柿となって美味しく食べられるかは

一週間後のお楽しみ!

by.izuyan

柚子果汁100%2017年11月29日 21時20分

毎年恒例の柚子を絞って果汁を作る

季節がやってきました。

うちには柚子の木が2本あるのですが

これが毎年いっぱい実をつけてくれます。




とりあえず1カゴ分だけ取ってきました。

柚子の木はレモンの木のようにトゲがあるので

収穫途中でチクチク刺さり

あちこちが痛いです。(笑)




柚子はとてもいい香りがするユズノンという

貴重な香り成分が含まれているそうです。

柚子をネットで検索すると

いろいろな使いみちやレシピがあるようですが

面倒くさいので^^;

焼酎に入れる果汁だけ絞ることにしました。

果汁を入れる瓶とジョウゴは買ってきました。

さあ!瓶に詰めるぜ~。(*^^*)




皮を剥いて絞り器で絞ります。

実はこれが曲者で大変な作業です。

電動絞り器が欲しいなあ!。




はっきり言ってこの手絞りの機械では

1個の柚子からは少ししか取れません。

果汁をひと瓶分絞ろうと思うとそれは大量の柚子と

木の遠くなるような手間と時間が必要です。(;_;)




でもなんとか気合で瓶一本分の柚子を絞りました。

なんせイタリア製の高級瓶に詰めるんですからね~(笑)




でも実はこれ、ダイソーで買った300円の瓶です。^^;

最初おしゃれな酒の瓶を買って

詰めようと思いましたが瓶の中身を開けるのには

時間がかかりそうだったので・・・。

中身(酒)が入った瓶が数百円であるので

このカラ瓶の選択は失敗したかも・・。(笑)




ただワンタッチの蓋がついているので

オシャレで開け閉めには便利です。

なんせイタリー製ですからね。(しつこい)




小さいオリーブオイルの空瓶にも

詰めました。




柚子は香りが良くて焼酎にいれると

のんべえには最高です。

ははは。^^;

柚子は捨てるところが無いと言われているので

今度は柚子胡椒, ゆず湯, 柚子ドリンク, 柚子味噌, ゆずぽん

など柚子を使った色んな物を作ってみるかな!

もちろん来年だけど^^;

by.izuyan