電気ウキの修理2016年05月12日 04時56分

ヤエン師でもありちょっとだけ

ウキ釣り師でもあるizuyanは

電気ウキには安くて明るい富士灯器製の

自立ウキを愛用しています。

この間、釣行後に洗って乾かしている時、

強風で犬小屋の前にコロコロと転がって行き

なんと愛犬にかじられてしまいました。

うそやろ・・・。

ひえwww ~ 

(´・ω・`)




先端部だけ齧られて本体は無事でしたので

修理すればなんとかなるでしょう・・。

電気ウキって買うと結構高いもんね・・・。^^;

まずウキの先端をパイプカッターでLEDを傷つけないように

カットします。




中のLEDは無傷でした。




先端部の補修には拾ったウキを

使います。

\(^o^)/




同じように先端部をカットします。




少し穴径が小さかったので得意のリーマで(笑)

穴を広げます。

ゴリゴリ・・・。




先端部は詰まっていたのでLED格納用の

穴をドリルでを開けました。




強力ボンドでくっつけてオリジナルウキの

完成です。

できた!!




パワーON!

東京スカイツリーみたいだな・・。




おお バランスも良くていい感じです。




修理できそうな物は捨てるのはもったいないので

直して使いましょう。^^;

by.izuyan


玉の柄考察2016年05月03日 08時03分

前回のヤエン釣行で実は夜一人でのギャフ掛けを

2回失敗しました。

一人での取り込みはスリリングでメッチャ面白いのですが

バラすとがっかりです。(;_;)

もちろん腕も悪いのですが^^; プラス 

バラした原因を考えた場合、

今使っている玉の柄の重さも原因の一つに

あるのではないかと・・・。




今使っている玉の柄はTIGA ZEST2という

6000円ぐらいで買った安い6mの玉の柄です。




踏んで割れた所を自分で修理したりしてなんとか

延命しながら使っています。^^;




老眼もすすんできて目も悪いので夜のギャフライトは

必須のアイテムです。




割れたところはエポキシを塗りこんでPEを巻き熱収縮チューブで

補修しています。




しかしさすがに使いすぎてもう全身が満身創痍です。^^;




もちろんこの玉の柄は手に持って下に向けても

自重でスルスルとスムースに伸びる訳は無く、

イカが掛かると全部伸ばした状態で

予めスタンバイしておきます。(笑)

さて修理しながら長い間使っているので

愛着はとても有るのですが

しかし・・・。

しかし・・・。

そろそろ人並みに・・・。

ハッキリ言います。

やっぱり一人でギャフ掛けランディングするのには

玉の柄がめっちゃ重いんです。(泣)

左手にヤエン竿を持って右手にギャフ!

イカを浮かせてサクっと掛けるのが理想なんですが・・。

この間の「ヤエンの旅」ではイカが何度も潜って

抵抗するのでなかなか掛けられず目標が定まらないまま

ギャフをもつ右手が痺れてしまい、しばし、

インターバルをとって休んでから再度ギャフ掛けに

チャレンジする始末・・・・。

持っている中で一番軽いリールにアタリがきた場合、

左手にもつ竿とリールの合計の重さは約480g




右手に持つ玉の柄本体は650g




これにギャフ本体が約100g

合計750g




夜だとギャフライトの重さが

プラス約160g追加されます。




これらを合計すると総重量は910gぐらいになります。

げ~! 

ということはランデング時に右手は全部で約1キロぐらいの

負荷があるのか・・・?

どうりで重くて疲れるはずだ!

なにせ斜めなんか無理で真下でしか掛けられない。

(´・ω・`)

ここは筋肉トレーニングも手段の一つですが

やはり新しいアイテムでもう少しツールの

軽量化をしたいところです。

高い波止もあるので出来たら7mは欲しいところですが

やはり重たくなるのは嫌なので6mクラスの玉の柄(小継を除く)

に絞って最近どんな玉の柄が有るのかをネットで調べてみました。



値段はNETでの概算実売価格で参考です。

もちろん玉の柄は軽さだけでなく強度や腰や張り、

出し入れのスムースさなど良い玉の柄の条件は

いろいろあるので一概にどれがいいかは言えませんが・・・・。

一人での取り込みを確実にするために

新しいアイテムとして軽くて腰がある玉の柄が

そろそろ欲しいなア・・。

3キロを釣るために!←まだ言ってる。(笑)

(*^^*)

by.izuyan