みかんの栽培と網目スキマー改造2017年04月02日 20時48分

愛媛県はみかん王国と呼ばれています。

収穫量はヤエンでもライバルである^^;

和歌山県についで第二位です。

izuyanちの果樹園?には八朔と甘夏柑の木がありますが

普通の「みかん」の木はありません。

そこで手でむいて簡単に食べられるみかんを

栽培して食べてみたいと前から思っていて

みかんの苗木をホームセンターで

2本買ってきました。

実がなるまでは結構長い話ですが。^^;




みかんの植え付けに適した時期は3月中旬から

4月中旬ということなので

今がいちばん良い時期です。

一本目に植えたのは定番中の定番

【温州(うんしゅう)】みかん

です。




2本目は

【宮川早生(みやがわわせ)】みかん

という品種です。

早生なので普通のみかんより

早く食べられそうです。(*^^*)




注意書きを軽く読んで

さっそく植えてみます。




穴をほって堆肥と肥料をやります。




そして苗をポットからだして

植え付けます。




苗木が乾燥しないように藁を敷き詰めて

マルチングします。

あとは枯れないように祈るばかりです。

はやく大きくなあれ・・。

みかん 早く食べたいなあ・・・。




続いてはアジカンの網目スキマー改造記事です。

今までの網目スキマーでは網戸の網を

木枠で押さえていました。(;^ω^)




このクーラの場合は網(あみ)を挟んだ木枠を

改造して短くした突っ張り棒で押さえていました。(笑)


もう1個のクーラはピッタリの木枠を作って

網を貼っていました。

これでは見栄えも悪いし取り外しもできないし

メンテンス性も悪いのでちょっと問題が有りそうです。




そこで実験用の木枠をやめてメンテナンス性を高めて

スタイリッシュにする改造を行ってみました。

◯村ジョイでアクリル板を見てみると




アクリル板はこれしか有りませんと

店員さんがキッパリ!(笑)

なんとここはサブロク板(3尺x6尺)の

サイズしかないそうです。^^;

業者向けだから仕方ないけど

こんなにデカイサイズはいらんがな・・・。☆彡

別のホームセンターで小売りの

アクリルサンデー買うか・・・。




別な店でアクリルをスライド挿入するガイドを

探します。

なかなか適当なものが有りませんが

適当に・・・・・ω・




さてアジカンの改造です。

まずはガイドを強力両面テープで貼り付けて

バスコーク(シリコーンシーラント)を塗って

海水でガイドが取れない用に防水保護対策

を行います。




クーラーは四角でないので型紙を作って

4辺のサイズを決めます。

隔壁分離板は正方形では無くて上が広くて下側が狭い

台形型です・・。




今までの網戸用の網は20メッシュ(1.03m角)

(1インチの中に何本糸が通るかという単位)

でしたが、泡漏れをさらに押さえるために

さらに細かい24メッシュ(0.84m角)の

網にしてみました。 (*^^*)




今回使う仕切り板は1.5mm板厚の

PET樹脂板(変性ポリエチレンテレフタレート)

を2枚使って網戸を挟む構造としました。




網目を挟んで四辺にコの字型のアルミ枠を入れて

4辺をガッチリと固定します。




出来た!!

この網目をストンとガイドに沿って

入れればOKです。

これで取り外しも簡単に出来るので

掃除も簡単です・・。




これで網目による仕切りが出来ました。

網を途中までにしたのは上から

泡が漏れ出す恐れが有ったからです。




上から見たところです。

網目の隔壁で海水と泡を分離するだけの

簡単な構造です。




泡を効率良く排出するためにアクリルの

上蓋を付けて泡が漏れないように

密閉構造としました。




金属のストッパを付けて蓋を固定します。

その後バスコークで今回は試験的に

密閉してみました。




とりあえずバーションアップした

網目スキマーの完成です。




網目による泡の分離は今までの実験では

かなりいい感じです。

泡は表面張力が小さいので付着性が高く網を越えられない

が空気を含んだ海水のみ表面張力が大きいので

網目を通り抜けられるとのではないか?

というのがそもそもの発想です。




プロトタイプ網目スキマー

はやくアジを泳がせてみたいな・・。(*^^*)

by.izuyan

替網2017年03月25日 23時26分

前回の釣行でBYさんが釣ったヒラメを取り込む

事ができなかった。

その原因はタモ網がヤエンに掛かってしまった事も

原因だがそもそもこのタモ網の網が固くて大きく

開かなかったことがまずかったように思います。

BYさんごめんなさい。m(_ _)m




タモ網は50cmΦの網と枠のセットの安物なんですが

通常はギャフを使うのでイカの取込には使用しません。

使うのはそう・・、

ウキを回収する時や海に落ちたものを拾う時ぐらいです。^^;

開けるとこんなふうになっています。




ナイロン網が太く硬いのも原因なんですが

編み方も今ひとつです。

網がバネみたいになっていて

口が大きく開かないのです。

枠は50cmあるんですが網がピンと張っていて

ヒラメを取り込もうしてもピンと張った

網がジャマするので

うまく取り込めなかったのです。(涙)




これらを教訓にイザというときのために

替網を新調することにしました。

イザ魔界へ・・GO!。

あ、思い出した!!

そういえば・・・・。

こんなアイテムが来てたな・・。↓




というわけでこのアイテムを使い

20%引きで替網をGET!!

せっかくなのでメーカ製の替網にしました。(^o^)

買ったのはダイワの50~55cm枠用R

50レッドというやつ・・・。




書いてある特徴は

・擦れに強い!

玉枠部仕付け糸

・ほつれに強い!

へそなし立体網込み

・水切れが良い!

ナイロンモノフィラ網

・水の抵抗軽減・ウキもすくえる!

下に行くほど細かい3段階網目

さっそく枠につけていきます。




前の網と比較してみました。




おお!!

これはいいぞ。。

(中国製だけど^^;) さすがダイワだ!

口が大きく開くな。




深いしこれならヒラメも取り込めそう。(*^^*)




今まで通り収納ケースにピッタリはいります。

折り癖つかないでね。

次回すぐ使えるようにすぐにロッドケースにいれておこっと。

今度は魚が釣れたら絶対バラさずGETだぜ!!☆彡




さてヤエンだけでなくウキ釣りも頑張らないといけません。^^;

【工作シリーズ】

まずはウキ止めから・・。

ウキ止めは糸を通したらワンタッチでセットできるやつです。

このプラスティックで白い溝付きのガイドがミソですネ。^^;




手持ちのウキ止め糸をなくなったガイドにセットします。




何個か作って

わーい出来た!




前回竿を煽っても針が抜けなかった

リュック針の仕掛けを見直します。

まずはバーナーで針を炙って環付き針を

真っ直ぐにしてから水につけて焼入れします。

これで引っ張ればアジの背中から抜けるやろ・・。




そして真っ直ぐにした環付き針の周りに鮎針をつけて

カンナを作ります。

出来た!ウキ釣りの仕掛けの完成です

鼻掛けする針も浮動式にしたので竿を

合わせるとカンナが移動してイカに当たり

イカが掛かる仕組みです。




次回はこのウキ釣り仕掛で勝負だ!!

しかしウキ釣りもなかなか奥が深いな・・・・。

( ̄ー ̄)ニヤリ

by.izuyan