釣り用自転車2016年11月19日 21時00分

先週、同僚とエギングでする時

自転車があれば楽で効率的だよね。!!

という話になり、ふと家に折りたたみ式の自転車が

有ったことを思い出した・・・。

この自転車は何かの福引で当たったという

親戚からもらった自転車です。^^;




この自転車を改造して釣り用の

自転車にする事にしました。

改造といっても竿立てを自転車に

つけるだけなんですけどね・・。

近くのダイソーで傘ホルダーをGET!!




この折りたたみ式自転車はしばらく乗ってなかったので

サビだらけで変速機もきかない状態でした。

可動部に注油して調整します。




竿立てはスポークとハンドルへ固定しました。

竿受けは竿が抜けないようにスポンジを入れて

テープで止めてストッパにします。

さっそくエギングタックルをセットしてみます。



お!いい感じじゃん!

でもちょっとオレンジ色が

目立ってちょっと恥ずかしいな・・・。




折りたたむとかなりコンパクトになりますが

鉄なのでやじはり重たいです。^^;




試しに車に積んでみました。




自転車を積むとすぐに海に行きたくなるのは

仕方ありませんよね。(笑)

で そのまま海へ・・・




海岸で組立ててさっそく釣り用自転車による

エギングのスタートです。

いくぜ~ 。

自転車でGO!。




お~これはいいぞ!

歩くよりもちろん楽ちんです。

途中で降りてはとりゃーー。




・・・・・・・・。

はい!

でも

今回は何も釣れずアタリすら無く

綺麗な沈む夕日をみながらサイクリングを

楽しんだだけに

終わってしまいました。

ははは。(泣)




秋の海はチビイカも全くエギを追ってこないし

もう完全に秋の子イカシーズンは

終わってしまったのかもしれません。?

ちまたではヤエンの釣果も

ちらほら聞こえてきます。

そろそろ来年開始のヤエンの準備でもしないと

いけないな・・・。

by.izuyan

八幡浜~三瓶エギングとお米の収穫2016年11月05日 18時15分

勤労感謝の日天気も良さそうだったので

八幡浜~三瓶方面にエギングに行ってきました。

真っ暗な夜の国道を走ります。




6時過ぎ頃からポイントについて

エギを投げます・・。

チビイカも少しは大きくなっていれば

良いんですが・・・。




釣れた!

ゲソ一本。 でも小さいです。

大きいのは深場に行っちゃったのかなあ?




天気は良いのですが爆風です。

海がうねってやばい状態です。

エギングはちょっと無理かなあと思いながら頑張ると・・。

ガツン!




これもちっちゃいなあ・・。




この前作った沖付けがメッチャ美味しかったので

釣れたら地面に置かないように注意して

そのまま速攻沖漬けにします。




そうしているうちに太陽が昇っていきました。

パシャリ!パシャリ。

この写真、年賀状に使えそうだなあ・・。




巷ではもうヤエンシーズン突入になろうと

しているのにチビイカしか釣れません。




ある風裏の湾でエギに大きいイカが2杯ついてきました。

しかし残念ながら抱きません。

よし!

ヤマシタのクジで以前当たった3.5号の特殊カラー

で勝負だ!!




ダメでした・・・。

エギを変えて釣れたのはまたチビイカ・・。




道中の写真です。

この根すごいなあ・・。

たしかカジュマルという名前の木じゃなかったっけ?




1杯追加して合計5杯でこの日は納竿としました。

めげずにまた今度頑張ろっと!(^^)/




沖漬けは冷蔵庫でしばらく寝かせます。

スミと海水と2倍麺つゆのミックス漬けダレです。^^;




・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

さて日が変わって金曜日の夜!

サーティーワンアイスクリーム。

わお!メッチャ美味しい!

10月は不覚にもにもソフトバンクのメール受信設定を

間違えてて吉牛4杯を食べ損なったけど(涙目)

11月はバッチリ無料アイスの案内が来ました。

(*^^*)




さて次の日の土曜日・・・・。

今までお米ネタで引っ張ってきましたが(^^♪

ついにお米を収穫する日がやってきました。

先月の稲刈りが終わってから稲木でずっと

天日干しをしていたんですが最近の

いい天気でお米も乾いたので

いよいよ稲落とし(脱穀)をします。




まず綺麗な黄金色の稲を抜き取ります。

これは来年の正月用のしめ縄用飾りに

する為です。




さて稲穂を機械(ハーベスター)にかけると脱穀して

籾(もみ)と藁(わら)に分離します。




今年は例年に比べて出来が良さそうです。




軽トラで2回に分けて籾を籾摺り業者に運びます。




ここで籾摺機にかけると籾が取れて

はれて玄米になるという工程です。







30kgずつ機械で測って袋に詰めていきます。

30kgx2袋で1俵(60kg)です。

たわら1俵なんて重くて担げないよ・・・。

昔の人は力持ちだったんだなあって

思います。




お米は自分ちで食べる分を除いて

出荷するまで倉庫で保管します。

今年もやっとお米作り終わったなあ・・。




お米が収穫できると無事ホッとします。

早く美味しい新米食べたいなあ・・・。

by.izuyan