新年初ヤエン2017年01月03日 23時03分

あらためましておめでとうございます。

お正月はいい天気でしたね・・・。

しかし月日が立つのは早いもので

このizuyanブログもなんと9年目に突入です。

これからもよろしくお願いいたします。

さて正月3日は恒例の初ヤエンに行ってきました。

朝3時過ぎに起きてワクワクしながら

ヤエンに出発です。




前日ですがヤエンケースをみるとヤエン針がサビや踏んで

折れたりしていてボロボロでした。




これではイカンとパーツケースを取り出して・・・。




明日の釣行に間に合うように急いで交換。

ヤエン師の魂であるヤエンはもっと大事にしないと

いけないと反省しました。^^;




使わなくなった古いヤエンケースを見たら

懐かしいヤエンを見つけました。(^^)

イカに到達してアジにヤエンが当たるとストッパーが

ハズレてバネで針が跳ね上がる仕組みです。




今考えるとヤエンを始めた頃はいろいろ変なヤエンを

作っていたなあ ^^; と

当時を懐かしく思い出しました。




さて話は元に戻っていつもよく行く

ヤエンポイントに着いて

さっそくヤエンによるバトルの開始です・・・。

ではなく (笑) 

さっそくエサのアジを確保する為に

サビキフィッシングの開始です。

へへへ。




今の時間帯アジは全然釣れませんが

慌てはしません。

なぜなら経験上明るくなる前に釣れる時間帯が

かならずくるからです。

とりあえずなんとか一匹釣れたので

なんとかヤエンによるバトル開始です。^^;




久しぶりのヤエンでワクワクするなあ・・。




無線式のアラームを竿にセットして再び少し離れた

サビキ釣りのポイントに戻ります。

あとはまかせたよ・・。




しばらくするとアラームがピーと鳴りました。

慌てて戻り竿で聞くとやはり乗っています。

クイーン クイーン と気持ちよく竿を引き込みます。

結構良さそうなサイズ。

久しぶりのイカの感触に心臓ががドキドキします。

しかしすぐに根に潜られてしまい

引っ張ってイカを浮かそうとするもダメです。

仕方ないので強引に引っ張るとイカはバイバイ。(涙)

そのまま追い食いさせようとしばらく置いておきましたが

イカは戻ってきませんでした。




頭もまだ落としていませんね。

ちょっと早かったのかなあ。

初当たりをバラしてしまいちょっとショックです。

ははは。

サビキ釣りをしていると再びアラーム。




乗ってるけど今度は小さそうです。

竿を煽るとヤエンを入れる前にまたもバイバイ!




チビイカのアジ殺しになんどもやられます。




しかし今日はいい天気で最高の釣日和です。




愛媛ヤエン釣り同好会のメンバー

なかやnも参戦します。




すぐに一匹(チビイカ)を釣ったあと

さくっと二杯目を釣り上げます。

最近は釣りに行けてないようですが

さすがは元 陸漁師(おかりょうし)

ヤエンの腕は落ちていませんね。(*^^*)




アタリが無い時間帯がやって来ました。

お腹も空いたので卵を入れた天ぷらうどんを作ります。

海でまったりとしてボ~としながらたべる昼御飯は

最高ですよね~。




朝が早かったので眠気が襲ってきました。

アタリが無くお腹もいっぱいになったので

椅子でウトウトと昼寝をしてしまいました。




今日の朝のサビキ釣りですがアジが

あまり釣れませんでした。

釣れてもマルアジばかりでヒラアジは少なく

しかもとても小さいのです。

とてもヤエン用のサイズではないのですがアジが

釣れなかったのでここはしかたありません。




まったりとした時間が流れそしてやっとアタリがきました。

今度は絶対バラさないぜ!

気合を入れてヤエンを送り込みます。




落ち着いてギャフ掛け成功!

とりあえず◯ウズは避けられそうです・・。




なんとか1杯釣れました。




でも・・・。



小さいアジには小さいイカが釣れる。

格言通りだなあ。

ははは。


なかやnも小さいアジが居食いで完食されて

がっかりしています。

あちゃー




そうしているうちに夕日が沈んできました。

雲ひとつ無くとても夕日が綺麗です。




釣人がとても絵になる光景ですね~。




そして6時過ぎにやっとアタリがありました。

ウキに!!

作戦として小さいアジなんでここは

やっぱウキでしょう・・・・。

izuyanはヤエン師ですがイカを釣るためには

手段を選びませんからね。

へへへ・・・ ^^;




わお!結構大きいぞ・・。

キロ有るかなあ?




量ってみると1.15kg

やったー 大きい。




ヤエンの方はチビイカをバラします。

やはりチビアジ,チビイカ用の小型ヤエンがいるなあ。




アジのサイズですがこれが平均サイズです。

ちっちゃいでしょ!

ちょっとヤエン用で使うには無理が有りました。

例年だと大きいアジがいっぱい釣れるのにね。




ねばりますがもうアタリがありません。




最後にウキで追加しましたがこのサイズ。




そして22時前に納竿としました。




今年初のヤエンフィッシングではチビイカ1杯でしたが

久しぶりのヤエンは楽しかったです。

ことしこそヤエンで3kアップを目指してがんばります!

その言葉、毎年聞き飽きたって言わないでね。

(*^^*)

by.izuyan

玉ノ柄延長プロジェクト(その2)2016年10月09日 12時31分

さあ今日はいよいよ稲刈りです。

しかし天気予報は生憎の雨・・・。

刈り始めた時は良かったのですがやはり

最近の天気予報は良く当たります・・。




あっという間にザーザーと大雨が降ってきました。

田んぼはあっという間に大水に・・・・。

稲刈り中止・・・・(涙)




仕方ないのでブログでも書きます、(笑)

以前5/28日に柄杓の柄を使った玉ノ柄延長記事

書きましたがその記事

ということを書いて終わっています。

その続きを今回ちょっと書いておきますね・・。

その時入手したソリッドシャフトというのは

第一精工の

オートキングギャフXL(1080mm)のシャフトです。

部品扱いで入手しました。

ただソリッドシャフトなのでよく曲がる・・・。

曲がったほうがイカをバラしにくいのでしょう・・。

ただ普通のギャフをつけられるように改造したら

やはり重たくてだらーんとする。(;_;) ↓




これでは一人でギャフ入れする時、難しそうなので

もっとバネ下重量?を軽くしなくては!!。(^o^;

軽いハゲ針を使って軽量ギャフを作ってみようと

思いましたが改造に使ったギャフの残部品が

目に止まったのでそれを使ってみます。

残骸部品 (これ使わないともったいないな) ↓




シャフトを抜くため先端のストッパを

切り取ります。




こんなふうに軸が抜けます。




ここでギャフの針をペンチで一本抜くと

バラバラになります。







シャフトとジョイントするため針を収めている

ギャフボックス?にM4のタップを切ります。

アルミ材で出来ているので比較的やわらかく

簡単に加工できますね。(^^)





念のため抜け止め防止の為ステンレスのナットを

圧入します。

ちょっと大きいのでナットの角をヤスリで少し

削ります。





こんなふうにナットを入れて・・・・

ちょっとキツイ状態で




ボルトをねじ込みそれを金槌でガツン!

これでステンレスのM4ナットが圧入できました。




ちょっとタップをするときに万力で挟んだので

傷ついて塗装がちょっとハガレました。(´・ω・`)

まあいいか・・・。(^o^;




M4ボルトの先端を少しグラインダーで

削ります。




それを抜止め防止用にガツンと

金槌で打ち込んでナットで固定します。




出来た!!

あんまりナットをねじ込むとボルトが上がって来て

抜けるので注意が必要です。




おまけで手持ちの反射テープを

貼ってみました。




ギャフにソリッドシャフト部のM4ネジを

ねじ込んで完成です。




1080mmはやっぱり長いですね・・。




同じようにシャフトを水平にしても最初のギャフに比べて

軽いので長くても垂れ下がりが少ないです。(*^^*)




ちなみにこのソリッドシャフトは

力をいれて押し曲げるとかなりしなります。↓




前に作ったカーボン製の

柄杓の柄を使った延長シャフトとくらべてみました。




柄杓の柄に通常のギャフを付けた方は重くても

あまり曲がらず剛性があります。




今回用のギャフをつけた写真です。




ストッパがあるのでスルスルとギャフが縮んで

ドンと落ちてきてもズブっと手に刺さることは

有りません。

たぶん・・・。(*^^*)




全体の写真です。

このギャフは第一精工のギャフと違って折りたたみは

出来ないので開いたままですのでこのままでは

ちょっと危険で持ち運びはできません。

(´・ω・`)




運搬時は玉ノ柄から取り外し安全のために

ねじ込み式のタッパーにいれて運びます。




この長さがあれは7mの波止でもたぶん楽勝でしょう・・。

しかしこんなの作るなら最初から第一精工の

オートキングギャフにしとけば?

っていうツッコミは無しね・・・。^^;

へへへ・・・。

by.izuyan