玉ノ柄延長プロジェクト(その2)2016年10月09日 12時31分

さあ今日はいよいよ稲刈りです。

しかし天気予報は生憎の雨・・・。

刈り始めた時は良かったのですがやはり

最近の天気予報は良く当たります・・。




あっという間にザーザーと大雨が降ってきました。

田んぼはあっという間に大水に・・・・。

稲刈り中止・・・・(涙)




仕方ないのでブログでも書きます、(笑)

以前5/28日に柄杓の柄を使った玉ノ柄延長記事

書きましたがその記事

ということを書いて終わっています。

その続きを今回ちょっと書いておきますね・・。

その時入手したソリッドシャフトというのは

第一精工の

オートキングギャフXL(1080mm)のシャフトです。

部品扱いで入手しました。

ただソリッドシャフトなのでよく曲がる・・・。

曲がったほうがイカをバラしにくいのでしょう・・。

ただ普通のギャフをつけられるように改造したら

やはり重たくてだらーんとする。(;_;) ↓




これでは一人でギャフ入れする時、難しそうなので

もっとバネ下重量?を軽くしなくては!!。(^o^;

軽いハゲ針を使って軽量ギャフを作ってみようと

思いましたが改造に使ったギャフの残部品が

目に止まったのでそれを使ってみます。

残骸部品 (これ使わないともったいないな) ↓




シャフトを抜くため先端のストッパを

切り取ります。




こんなふうに軸が抜けます。




ここでギャフの針をペンチで一本抜くと

バラバラになります。







シャフトとジョイントするため針を収めている

ギャフボックス?にM4のタップを切ります。

アルミ材で出来ているので比較的やわらかく

簡単に加工できますね。(^^)





念のため抜け止め防止の為ステンレスのナットを

圧入します。

ちょっと大きいのでナットの角をヤスリで少し

削ります。





こんなふうにナットを入れて・・・・

ちょっとキツイ状態で




ボルトをねじ込みそれを金槌でガツン!

これでステンレスのM4ナットが圧入できました。




ちょっとタップをするときに万力で挟んだので

傷ついて塗装がちょっとハガレました。(´・ω・`)

まあいいか・・・。(^o^;




M4ボルトの先端を少しグラインダーで

削ります。




それを抜止め防止用にガツンと

金槌で打ち込んでナットで固定します。




出来た!!

あんまりナットをねじ込むとボルトが上がって来て

抜けるので注意が必要です。




おまけで手持ちの反射テープを

貼ってみました。




ギャフにソリッドシャフト部のM4ネジを

ねじ込んで完成です。




1080mmはやっぱり長いですね・・。




同じようにシャフトを水平にしても最初のギャフに比べて

軽いので長くても垂れ下がりが少ないです。(*^^*)




ちなみにこのソリッドシャフトは

力をいれて押し曲げるとかなりしなります。↓




前に作ったカーボン製の

柄杓の柄を使った延長シャフトとくらべてみました。




柄杓の柄に通常のギャフを付けた方は重くても

あまり曲がらず剛性があります。




今回用のギャフをつけた写真です。




ストッパがあるのでスルスルとギャフが縮んで

ドンと落ちてきてもズブっと手に刺さることは

有りません。

たぶん・・・。(*^^*)




全体の写真です。

このギャフは第一精工のギャフと違って折りたたみは

出来ないので開いたままですのでこのままでは

ちょっと危険で持ち運びはできません。

(´・ω・`)




運搬時は玉ノ柄から取り外し安全のために

ねじ込み式のタッパーにいれて運びます。




この長さがあれは7mの波止でもたぶん楽勝でしょう・・。

しかしこんなの作るなら最初から第一精工の

オートキングギャフにしとけば?

っていうツッコミは無しね・・・。^^;

へへへ・・・。

by.izuyan

まだまだいける?2016年06月12日 23時41分

梅雨になり田植えもやっと

終わりました。




田んぼに水が入るとカエルがゲロゲロ鳴いて

大合唱となります。^^;




で・・・・。

田植えも終わりゆっくりと休もうかと

思ったんですが、でも我慢できずに

疲れた体にむち打って近くのポイントに

ちょっとだけ出撃してみました。

自分の中では春イカ終了のブログ書いて

もう終わったつもりだったんですが・・。^^;


ポイントに着いてさっそくヤエンによるバトル開始です。




海面を見ると切れ藻が凄いです。

藻と藻の間にアジを投げ込む感じです。

アジを潜らせフロロを沈めて藻から遠ざけます。

しばらくしてアタリが来ました。

やった!

ボウ◯逃れの1杯です。(*^^*)




2杯めもなんとか・・・。




あまりに藻がひどいのでエギで藻場を攻めます。

あ!ゲゾ切れだ。(残念!)



この後エギで1杯釣れました・・。


ところで2キロはあるかと思える

大きい見えイカもたまに悠然と海面近くを

泳いでいます。

産卵の為かアベックイカが多いですね・・。

釣れんけど・・・。


干潮になるとさらに藻場が広がって

釣りづらくなります。




三回目のアタリが来ました!

初代アオリワンが綺麗な弧を空に描きます。




あまり大きいのは釣れませんが

アタリがあるだけでヤエンは

楽しいです。




太陽が沈み夜になってから、ちぎれ藻はますます

ひどくなってきました。

カゴ釣りで作ったLEDライトを海面に照らしますが

海面は藻だらけです。

潮が動いて、はやくちぎれ藻は移動して欲しいです。

藻で苦戦しているとアタリがありました。

竿で聞くと重い・・・。

イカが藻に絡まっています。

竿を煽りますが藻からイカだけを引き外すことができません。

イカもアジを離そうとしないので無理を承知で

ヤエンを投入します。

釣れた。(*´ω`*)




すぐに連続でイカが乗ってきます。

今は数少ないアタリの時間帯なのか?

ギャフ入れも藻にじゃまされギャフが藻に絡んで

なんども掛け直し悪戦苦闘です。(涙)







藻の中からイカを引っ張りだし、あとは運にまかせて

自作ヤエンを信じるだけです。(笑)

こんな真っ暗の中よくヤエンが掛かったと

感心しきりです。




軽量ギャフライトも実戦投入してみました。




アジも残り三匹ぐらいになってきたので

アジングで補給します。

これが投げる度に面白いように釣れます。

アジング超楽しい!







丸々太った大きいアジも釣れるのでヤエンには

最適です。

しかも現地での釣りアジなのでなかなか

弱りません。(*^^*)




夜もふけてきてやっと切れ藻は移動しました。

しかしこれ以降のアタリは無く納竿となりました。

今日の釣果です。




残った釣りアジはお持ち帰りです。




数だけは大漁でした。^^;

春イカまだまだ行ける?

by.izuyan