アジ締めピック Long ver2015年10月06日 23時41分

なかやnから

”アジ締めピックちょっと短くないですか?”

とのコメントが有りました。

ちょっと痛いところをついてきたな。

ははは。

実は少し短いかも?って気づいてはいたんだけどね^^;

大きいアジが釣れたら作りますってコメント返したけど

ええい!せっかくなんで長いの作っちゃえ!

っていう訳で

頭をフル回転させて有り合わせの用品で作ったのがこれです。

手に持つところは使わなくなったテスター棒を使用。




まずテスター棒のネジの部分を抜いてねじ切りダイスで

ネジのサイズを測ります。




次にアジカンを作った時のプラスティックのエア配管残品の

ジョイントにダイスでネジ山を切っていきます。




テスター棒にねじ込むと当たり前ですがピッタリと入ります。




アジカンを作った時の配管の残品のパイプを

適当な長さにカットします。




パイプエンドをボールペンのキャップで止めて

抜けないように熱収縮チューブで固定します。




手に持つところも同色の黄色の熱収縮チューブで

アクセントをつけました。

ステンレス線の太さが違うものを何種類か作れば

取っ手にねじ込む方式のジョイント構造で

簡単に交換できる構造にしました。(^^♪

ピックは一体どの太さが一番使いやすいんだろうか・・。?




エアパイプのジョイントとパイプ(鞘)は

隙間なくピッタリと入ります。




ピックの長さは役20cmとしました。

この長さだと岬アジでも締められるのかな。




ステンレス線の先端は時間の関係で(笑)

まだ尖らせていません。(*´ω`*)





ボールペン軸の長さのアジ締めピックに比べて

かなり長いです・・。

これならデカアジでも大丈夫でしょう・・。




しかしこんな真夜中に何やってんだろ俺!?

でへへ。

おやすみなさい。

夢の中で果てしない工作は続く・・・。

by.izuyan

アジ締めピックの自作2015年10月05日 22時47分

前から作ってみたかったアジ締めピックを

休みの日に作ってみました。

アジは氷締めだとバタバタと暴れてクーラーが鱗だらけに

なります。^^;

それに神経締めだと美味しいという噂です。

今回使った材料はゲル状ボールペン2本とステンレス線。




大きさ的には中と小の2本のアジ締めピックを作ってみます。




まずは中の方のボールペンを分解します。

中身の軸はもちろん別のボールペンに入れて

使います。(^^♪




キャップの部分を電工ペンチで固定して




そこに2液性のエポキシボンドを流し込みます。

そしてかき回してステンレス線を突っ込みます。




円錐状のオモリをステンレス線に通しキャップの

センターを出します。

そして一晩置いて固まらせてオモリを抜いたら

ピックを手に持つキャップ部分は完成です。




次はボールペン軸のねじ込みの部分をカットします。




次はエアグラインダーでステンレス線の先端を

尖らしていきます。




鉄ヤスリとダイヤモンドヤスリで形をさらに整えます。




最後は砥石でゴシゴシと・・・。




続いて小のアジ締めピックを作ります。

ステンレス線を適当に曲げます。




ラジオペンチで押し込みます。




先を同様に尖らせて完成です。




なぜボールペンの軸を使ったのかというと

さや付きにできるからです。

これなら持ち運びが安全でしょ?^^;






尖った先端を見ているとなんか必殺仕置人を

思いだすなあ・・。




今回エポキシボンドでステンレス線を固定する方法は

今ひとつでした。

なぜなら結果キャップの中にボンドがはみ出して汚くなり

見た目がイマイチになったからです。(;_;)

もっといい固定方法があったかも?・・・。

とりあえず完成した2本ツーショットの写真です。↓




ペンタイプの自作のアジ締めピックができました。

これでうまくアジを締められるのか・・・?

( ̄ー ̄)ニヤリ




ところでアジを釣るのはメチャクチャ面白いのですが

ただ・・・

ただ・・・

贅沢はいいませんが実は

今日もアジフライでした。(爆)

あはは・・。




アジフライを毎週食べるのは流石にもう飽きてきたので

次はアジのみりん干しを作ろうと思います。

アジンガーの皆さんは釣ったアジは

どうやって食べているのかなあ?

最近この事がメチャクチャ気になります!(^^♪

by.izuyan