ヒーターベストの製作2015年11月08日 22時41分

愛媛ヤエン釣り同好会メンバーのyamaさんが

寒くなる前に秘密のアイテムをGETしたとの

情報を入手しました。^^;


なんでも去年は大人気ですぐに売り切れて

買えなかったいわくつきのアイテムだとか・・。(;_;)





これから寒くなるので冬の釣りには

絶対に欲しくなるアイテムですね。^^;

このサンラインのヒーターベストの特徴は

①首と背中に装着されているセラミック赤外線ヒータで
 
  瞬時(約10秒)で温まる。


②3段階の温度調節付き。

  強:約60℃ 3000mAバッテリで約2.5時間

  中:約55℃ 3000mAバッテリで約3.5時間

  弱:約50℃ 3000mAバッテリで約4.5時間


③電源は専用バッテリでなくスマホなどの

 モバイルバッテリが使える。(最大2個)

 など・・・。

バッテリと充電器無しで実売価格 16500円ぐらいです。


コレ欲・し・いな・・。

自分は今まで使い捨てカイロ派でしたがyamaさんの

話を聞いているうちに段々と欲しくなってきました。


欲しいけどizuyanには高すぎてとても今すぐ

買えるようなアイテムではありません。(;_;)


よし!こうなったら自作で作っちゃえ!っと。(笑)

まずはベースとなるベストを『ワークマン』に行って

物色します。

(ワークマンの防寒グッズ、安いです。)

買ったのは1900円の中綿が入っているベスト。

とても暖かそうです。↓




今回製作のキモとなる ヒータをネットでいろいろと

調べたところ秋月電子通商のシートヒータ

300円で一番安くて良さそうです。

さっそくプチ!っとな。です。( ̄ー ̄)ニヤリ




このまま使ってもいいのですが好奇心にかられて

中身を分解してみました。

黄色いナイロン?の中にはシート状の

発熱体が入っています。

スペックは定格:DC12V 0.3~0.4A

最高温度:60℃ 

消費電力:3W (ヒータ温度45℃の時)

ということなので実際に抵抗値を測定

してみたら48.2Ωでした。

ちなみに抵抗値はヒーターの温度により変化します。




自分もバッテリにはスマホのモバイルバッテリ(DC5V)を

使ってみたかったので以前ヤフオクで落としていた手持ちの

DC/DC昇圧コンバータを使ってみました。

スマホのバッテリは5Vなのでそのまま接続すると

5V÷48.2Ω=0.104A

5Vx0.104A=0.52W

発熱量が0.52Wでは全然暖かくならないので5Vを

DC/DCコンバータで14V付近に電圧を昇圧します。

このDC/DCコンバータはヤフオクで500円ぐらいで

手に入ります。




電流も4A流せますので定格的に問題ありません。

次に温度制御はどうしようかな?

電圧可変で温度コントロールすると不安定さと

ロスがありそうだったので秋月電子通商のキット

一緒に買ってPWM制御とすることにしました。

なんと500円なので自分で作るよりメッチャ安いです。

DC/DCコンバータの出力電圧をこのキットの

入力に入れることにより自由に温度設定が出来ます。




サクサクと制御回路を組み立てていきます。

PWM基板のVRはスイッチ付きの外付けVRに変更して

外付けのつまみで可変出来るようにしました。




回路図です。




DC/DCコンバータの昇圧電圧はロスを考えて

14V付近に設定しました。




これらの基板を小型のタッパーに組込んで

温度制御回路は完成です。




出来上がった温度制御回路をヒーターに接続して

制御動作がうまくいくかどうか試験します。




VRのスイッチを右に回すと電源が入ります。

左の位置ではONの時間が短いので発熱も少ないです。




VRを右に回して行くことにより

デューティ比(ONとOFFの割合)が変化していきます。




ONの時間が長ければヒーターに流れる電流が多くなるので

暖かくなります。




一番右に回すとヒーターに流れる電流(電圧)は常時連続ONとなり

一番暖かくなります。




さていよいよこのフィルムシートをベストに組込みます。




要らなくなった衣服を切って得意の(笑)ミシンを

駆使してヒータのカバーを作っていきます。




これでヒーター部の完成です。




単体シート部が出来たところで5Vの電圧を電源装置より

制御回路に入力してうまく温度が上がるかどうか

実験してみました。

電源を入れてVRを右に回すと温度が段々と

上がっていきます。




VRを一番右に回した時はDC5Vで1.6A近く流れます。

このヒータの抵抗体は温度が低い時に抵抗値が低いので

多くの電流が流れ温度が上がるにつれて抵抗値が上がるので

電流は少なくなるということです。




ヒータ温度のトレンドグラフをとってみました。

このグラフからマックスの50℃に達するのに約9分間

かかるのがわかります。

セラミックヒータほど速くはありませんが使用上は

問題ないでしょう。(^^♪

9分付近から温度が下がっていくのは電源を切ったからです。




単体シートのデータをとった後、

ヒーターシートをベストの中綿に

縫い付けていきます。




腰の部分を温めたかった為、ヒーターシートの位置はここに

しました。




ヒータの線とバッテリ用の線は前ポケットに後ろから穴を

開けて這わせておきます。

ヒータ取り付けのためにハサミで切った裏生地を

ミシンで縫い付けて完成です。




ベストの裏生地の写真です。↓

写真だけ見るとヒータが内部に組み込まれているとは

判りませんね。^^;




正面向かって右側のポケットに電源スイッチ兼、

温度調節用のVRがあるコントローラ、

左側のポケットにはスマホ用のバッテリを

入れることにしました。

スマホ用の5Vリチウムイオンバッテリは

最大1.6Aの電流が流れるので2Aを

連続供給できるポートがあるものが必要です。




さてベストの最終確認を行います。

バッテリを接続した状態で最高温度を測ってみると

57.7℃でした。




裏側です。




ポケットのボタンをしたらとても暖かいヒータが組み込まれている

ベストには見えませんね・・・。(^^♪




動画です。↓





試着した感想はとても暖かいです。

後は実釣で動作確認かな?




定価(税抜き):5000円 (バッテリ、充電器は除きます。)

【内訳】

ベスト:1900円

シートヒータ:300円

PWMキット:500円

送料:500円

DC/DCコンバータ:1000円(送料含む)

その他:800円

イズライン HOT ヒーターベスト 堂々の完成!

なんちゃって(笑)\(^o^)/


あ!ちなみにこのベストは非売品です。^^;

by.izuyan

コメント

_ yama ― 2015年11月09日 20時21分

こんばんは!

これ良いじゃないですか!!!

是非、商品化しましょうよ。

利益出たら、アジを大量に買って、生簀に活かしておきましょう。

今年は、アジ不足で悩まなくて済むな( ̄ー ̄)ニヤリ

_ izuyan ― 2015年11月09日 21時24分

yamaさんこんばんわ~。

サンラインのベストは性能がいいですね。

イズラインのベストもそこそこの性能で・・・。 ^^;

これでお互い雪が降る日のヤエンも

バッチリでしょう・・。(^^♪

しかし残念ながら商品化して儲けるほどの

クオリティーは無さそうです。ははは。(笑)

もう一枚ヒーターを買っているので今度はアジが

寒さで弱らないようにアジカンにヒーターを

つけようかな?なんちゃって。(^^♪

_ きそやn ― 2015年11月10日 04時46分

izuyanさん


おはようございます!

イズラインベスト凄すぎです( ̄ー ̄)


サンラインのは値段が高過ぎて手が出ませんがイズラインベストなら何とか買える値段ですね(^-^)


自分は仕事が忙しく自作どころかヤエンにも行けない今日この頃(;_;)


yamaさんとのコメントにもあるアジカンへのヒーター設置も期待してますね(^o^)/~~

_ izuyan ― 2015年11月11日 06時50分

きそやnさんおはようです。

自分は体温が低く寒さに弱いので強制的にヒーターで

温めてもらうのがいいかと・・・。(^^♪

普段はくだらないもんばっかり作っていますが

これは久しぶりの自信作?です。(笑)

仕事が忙しいのはいいことですが、たまには仕事を忘れて

のんびりとヤエンに行ってくださいね。(^^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2015/11/08/7896526/tb