アジすくい網の修理2016年02月08日 22時51分

愛用しているアジすくい網は2003年の2月に

自作したものです。



しかし3年以上のヤエン釣行による酷使に

耐えかねて最近フレームが折れてしまいました。




原因はもともとはハンガーだったフレーム枠の

保護ビニールが敗れて海水で錆びて折れて

しまったようです。

アジをすくおうとアジを追いかけても

水圧でグラグラして思うように

アジをすくえません。(涙)




アジすくい網は他にもあるのですが大きさ、深さや

アジをすくった時の感触がどうもしっくり

こないのです。

(アジをすくうだけなのに大げさやな・・って

言わないでね。(;_;))




新しく作るのも面白そうですがちょっと面倒だったので

とりあえず修理してみることにしました。

フレームに縫い付けてある糸をカッターで切って

バラバラにします。




枠はビニール被覆があるのでかろうじてつながってる

ように見えますが中の針金は海水でボロボロに錆びて

左下の角の針金が断線しています。




網の部分の左右は針金のサビがついて汚く茶色に

変色していますがもともと洗濯ネットで

糸が丈夫なので再利用しても強度は問題なさそうです。




今回もフレーム枠には手頃なハンガーを使います。




気をつけるのは曲げるときにペンチを直接使わないことです。

前回はペンチで直接挟んで曲げたのでビニールが破れていて

そこから海水が入って錆びたものと推測しました。

ビニールさえ破れなければ錆びにくいと思います。




今回は柄の部分を多少長くしました。

柄が短いとアジカンの深いところを泳ぐアジを救うのに

不便だったので・・・。




枠を補強してフレームの完成です。




これに網を手縫いで縫い付けていきます。




このままではちょっと芸が無いので^^;

暗い夜でも網が置いてある場所がすぐに判るように

ダイソーの蓄光テープ(Made in Japan)

を巻いてみました。

最初は蛍光テープを巻こうと思ったのですが

行ったダイソーには残念ながら置いてありませんでした。

この蓄光テープは30分以上光を当てると暗闇で

なんと8時間も光るそうです。




説明書には[水回り使用不可」と書いてあったので

防水用に透明なビニールテープを巻いておきました。

これで防水性はバッチリでしょう・・。




軽く光を当ててから暗闇に置いてみると

ボーッとグリーンに光っています。

これで暗闇の釣り場でアジすくい網をさがして

あたふたすることは無いことでしょう。^^;




とりあえず修理完了!




ヤエン師にとって『アジすくい網』は大事な商売道具の一つ。

以前、アジすくい網を忘れてとても困った事が有りました。

たかがアジすくい網、されどアジすくい網 でへへ・・。

ヤエン道具は大事にしましょうネ。(^^♪

by.izuyan

コメント

_ yama ― 2016年02月12日 14時50分

この絶妙な持ち手の曲がり具合が手放せないのでしょう?

よく判ります。

たぶん、腐るまでizuyanさんは、

きっと使い続けるのやろうね?

偉子やねえ(笑)

_ izuyan ― 2016年02月14日 09時32分

yamaさんおはようです~。

そうです。

izuyanは偉い子です。(笑)

持手の微妙な竹の曲がり具合が最高です。(^^♪

よくわかりましたね~・・。

人生こだわりを持たないとつまんないですよ・・。

ところでこの竹の取手は油抜きしてるんでなかなか

腐りそうにないんですが・・・。 ^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2016/02/08/8011730/tb