ZEXUS ZX-310分解方法^^;2019年11月25日 04時57分


彩の国のチン坊さんからブログコメント

ZX-310の電池ボックスの分解方法について

質問があったので下記に記します。

(彩の国って埼玉県だったのね。

ごめんなさい。知りませんでした。^^;)

ところでゼクサスのヘッドライトZX-310は2009年

今から10年程前に発売されたもので当時としては

めちゃくちゃ明るかった記憶があります。




さすがに最近の釣行では殆ど出番はありませんが

修理して使おうという方がいるのは嬉しいですね。^^;




izuyanのZX-310です。

もうボロボロです。

これが電池ボックス部です。

使いすぎて型式の印刷も消えてます。




実はこの電池ボックスの蓋は爪が折れて

自分で修理しています。




そういえば当時不注意で地面に落としてしまい

蓋の爪が折れてメーカでパーツ扱いで

蓋のみ購入したこともありました。




余談はさておき電池ボックスの分解方法です。

蓋をあけると奥に小さなネジが見えますので

このネジをはずします。




抜けどめ防止のナイロン線を外すと

蓋がはずれます。




さてここからが本題ですが

反対側にも爪がありますので

爪を爪で引っ張ります。

(ダジャレかよ)(*^^*)




そうすると片方の爪が外れます。




反対側も爪ではずれれば良いのですが

結構硬いので小さなマイナスドライバで・・・。

力を入れすぎると爪がポキンと折れちゃいますので

十分に注意して作業をしてください。




これで内部の基板にアクセスできます。^^;




ところで10年もたつと流石にあちこち傷んでいました。

今まで気が付きませんでしたが電源用の

カールコードのケーブルの被覆が2箇所破れています。

あちゃ・・。こりゃいかん断線しそうだなあ・・。





ヘッドライト側のケーブルも被覆が破れていました。




最近は釣具屋のヘッドライト売り場に行くと

協力な新型のヘッドライトが山積みです。

技術の進歩はすごいですね~。


ところで最近アマゾンで買ったハンドライトは

リチウムイオンバッテリー用です。

186501本使います。




電池の長さ分どうしても大きくなるのは

仕方ないところです。




明るさはこんな感じです。









しかしライトもLEDになってからすごい進歩です。

子供の頃定番だった豆球やニップル球の暗いライトは

もう見かけません。

すごい時代になったものですね・・・・。

by.izuyan

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2019/11/25/9181074/tb