ヤエン道具ウロコとの戦い2016年01月28日 22時26分


先週久しぶりに使ったデスピナ(改)のダブルハンドルを

見てみると ひえええ・・・。

ハンドルノブにウロコがいっぱいくっついています。

ラリッサとデスピナにはバイオマスターMgの

ダブルハンドルを付けているんですがこのラバーノブは

アジのウロコにメッチャ弱いです。でへへ (涙)




ハイパーフォースに使っているダブルハンドルは

シマノ 12 セフィア CI4+ C3000SDH 用なんですが

ハンドルノブはウロコがつきにくい材質のようです。




アジのウロコといえば愛竿の初代アオリワンのグリップも

乾くとアジのウロコがこびりついて取れないので

いつも苦労しています。

なんかいい方法ないかなあ・・。




で・・・試しにMgのハンドルノブにカバーをつけて

みることにしました。

とりあえずバラバラにハンドルをバラします。^^;




ところが・・・。

なぜかワッシャが1個有りません。(涙目)

分解した時にどこかにとんでいったかなあ?

どうしても見つからないので適当な金具を使って

ワッシャを自作することにしました。

ボルトにワッシャを挟んで電気ドリルにくわえて




グイーンと回転させヤスリを当てて

外円が丸くなるように削ります。




純正ワッシャとの自作したワッシャの比較です。

こんな小さな部品ですがこのワッシャが無いと

隙間が出来てハンドルノブのガタが大きくなります。




とりあえず復活出来た!(^^)




しかしワッシャさえなくさなければ・・・。

何やってんだろ俺。

自己嫌悪に陥りながら本題に戻ります。(笑)




ラバーグリップを適当に切ってノブに被せます。

ファンヒータの熱で収縮させます。




けっこう綺麗に出来ました。




グリスアップして元に戻せば完成です(^^)




ハンドルノブにすべり止め模様がついて

ちょっとオシャレになったかな?




願わくばこの収縮ゴムの材質がウロコがくっつきにくい

材質であれば良いのですが・・・。






デスピナ,ラリッサの2台ともラバークリップをつけたのですが

そのうちの1台にさらに透明な熱収縮チューブを

付けてみました。




どうだ!

これなら絶対にウロコはつかないけど

なんか微妙・・・。^^;




ついでにアオリワンにもグリップカバーを

つけてみました。




竿には30Φのチューブを使います。




グリップの長さにチューブを切って




ファンヒータの吹き出し口で炙って収縮させます。




2竿分完成しました。




この処置でヤエン道具にアジのウロコが

つきにくくなればいいなあ!

どうなったかの結果は実釣の後で・・。(^^♪

by.izuyan

コメント

_ yama ― 2016年01月30日 16時32分

確かに、アオリワンのグリップは、

鱗が取りにくいですね。

最近は、面倒なので、ざーと洗って

諦めていました(泣)

この処置で、鱗対策になれば良いですね

_ izuyan ― 2016年01月30日 21時22分

yamaさんこんばんわ!

ハンドルのグリップのアジの細かいウロコは水で洗っても取れないし

歯ブラシで磨いてもなかなこびりついて落ちないので前から

気になっていました。

乾くと爪やピンセットで擦って落としていましたけど傷がつくし

やはり面倒臭いです。

この処置で解決できればいいんですが・・似たような材質かも?

新しいアオリワンSMTはウロコがつきにくいようなので

そっちを買うかな?なんちゃって。^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
(スパム防止の為スパムフィルタを入れました。)

このブログの名称は?○○○○○ブログ

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://izuyan.asablo.jp/blog/2016/01/28/8004297/tb